脇汗

【要注意】ベタベタ汗の原因とは?サラサラ汗にする方法も!

投稿日:

女性の画像

暑い時期は外に出るだけでもすぐに汗をかいてしまうでしょう。
ベタベタするから嫌だと感じる人もいるかもしれません。しかし、汗をかくというのは体の代謝機能の一つですし、とても大切なことと言われています。そのため無理に止めようとするのは良くないということです。

一口に汗といっても良いものと悪いものがあるのですが、その違いについてよく分からないという人も多いかもしれません。2つの違いとサラサラにする方法を知っておきましょう。

ベタベタ汗とサラサラ汗の違い


なぜ暑いと汗をかくのかということですが、これは体内に溜まった熱を放出し、体温を調節するという目的があります。
汗は、血液が原料となっており、血液から赤血球を取り除いたものから作られています。エクリン腺から分泌されるものは成分のほとんどが水であり、サラサラしていて臭いの原因となる物質はほとんど含まれていません。

毛穴の奥にあるアポクリン腺からも分泌されていますが、こちらは皮膚表面の皮脂や垢を細菌が分解したり酸化することで臭いの原因となる物質が発生してしまいます。そして、蒸発しにくくなることでベタベタしたり、余分な成分を含むことで臭いが発生しやすくなると言われています。

ベタベタ汗になってしまう原因


ベタベタになってしまう原因を知っておくと良いでしょう。
ベタベタしたものには塩分やミネラルが含まれており、水以外の成分が多いのでベタつくと言われています。これは生活習慣が乱れてしまっていることが大きな原因と考えられています。
普段あまり運動をしていない人やストレスの多い生活を送っている人は注意しましょう。体の機能がうまく働かなくなっている可能性があります。

また、脂っぽいものや肉類を多く食べている人も皮脂の分泌量が増えるため、ベタベタになってしまうということです。

ベタベタ汗をかく人の特徴

  • 日常生活において仕事などのストレスが多い人
  • 運動不足の人
  • 肥満の人
  • 代謝が悪い人
  • 普段エアコンの効いた室内で過ごしている人

などはベタベタした汗をかきやすいと言われています。
汗かくときに使われるのはエクリン腺であり、唇や爪の下などを除くほぼ全身に分布していると言われます。
しかし、実際に活動しているエクリン腺は半分程度となっており、運動不足やエアコンの使用などが原因で汗をかく機会が少ない場合、エクリン腺の機能が衰えてしまうことも多いです。結果として成分にミネラルが多くなるため、ベタベタして蒸発しにくくなってしまうのです。

サラサラ汗に改善する方法

①睡眠

サラサラに改善したいという場合、まずは十分な睡眠時間を確保することが大切です。仕事などで忙しいという人もいるかもしれませんが、最低でも1日8時間の睡眠を取るようにしましょう。
仕事で睡眠が足りていない人は体臭も強くなってしまうと言われています。睡眠不足になるとストレスも溜まってしまいますし、しっかり体を休めるように心がけましょう。しっかり眠るためにはパソコンやスマートフォンの画面を見すぎないことや日光をきちんと浴びることなどがポイントです。

②運動

サラサラに改善する方法としてしっかり運動をするといいうことが挙げられます。
ハードな運動は必要ありませんが、週に2~3回は有酸素運動を行うと良いでしょう。ウォーキングやサイクリング、軽いジョギングなら簡単にできます。

また、夏は水泳をするのもおすすめです。運動不足の人は夏でもあまり汗をかかなくなってしまいます。エクリン腺の働きが衰えてしまうことでベタベタになってしまうため、意識して体を動かすようにしましょう。

③入浴

ベタベタを改善したいなら入浴方法を見直すこともポイントです。
ベタベタなのはエクリン腺がきちんと働いていないことが問題なのですが、入浴方法を改善することでエクリン腺を活性化させてサラサラにすることができるのです。夏はシャワーだけという人もいるかもしれません。しかし、夏でも湯船に20分程度浸かるようにするのがおすすめです。
入浴には有酸素運動と同じ効果があるのですが、リラックス効果も得られることが特徴です。

④冷房の調節

職場や家で1日中エアコンの風を浴びながら過ごしている人は注意が必要です。
室内にいる時は良いかもしれませんが、一度外に出ると汗でベタベタになってしまうでしょう。服が肌に張り付いて不快になりますし、臭いも強くなってしまいます。

サラサラにしたいなら夏でもできるだけ体を冷やしすぎないことがポイントです。体を冷やしすぎるとエクリン腺の働きが低下してしまいます。冷房をつける場合は27~28℃くらいにしておいた方が良いでしょう。

⑤食生活の改善

ベタベタになってしまう人は肉や脂っこいものを多く食べている可能性があります。
乱れた食生活は健康に良くありませんが、ベタつきも気になってしまうということです。

特に夏などベタベタが気になる時期は普段の食生活を見直してみましょう。サラサラに改善したいなら肉や脂っこいものはできるだけ避け、野菜や豆などを中心とした食生活に切り替えることがポイントです。もちろん食事だけがベタベタの原因ではありませんが、食事のせいでベタついている場合は改善することができます。

汗をかく場所で健康状態が分かる?

①頭・顔

女性で頭や顔の汗が酷くなってしまう場合、女性ホルモンの減少が原因かもしれません。女性ホルモンにはエストロゲンプロゲステロンという2つの種類がありますが、加齢やストレス、不規則な生活習慣によってホルモンバランスが乱れてしまうことがあるのです。

②脇

脇はかきやすい場所であり、適度にかいているなら健康に問題はないと言われています。しかし、ベタベタしていたり、しょっぱい場合は健康に何か問題が起こっているのかもしれません。この部分がベタベタしてしまう原因としては、ストレスやホルモンバランスの乱れといった原因が考えられます。
臭いが強い場合はワキガ症の場合もあるので注意しましょう。

③背中

背中というのは臓器の外側を覆う皮膚です。
臓器は暑さに弱いという特徴があるため、背中にかくものは臓器の温度を保つためと言われています。体温調節のために適度にかくなら問題ありませんが、過度にかいている場合は体温調節機能が低下している可能性が考えられます。
更年期障害が原因となっていることもありますし、体調不良によってたくさんかいていることもあるので注意しましょう。

④上半身

上半身にたくさんかく場合、糖尿病などの病気が原因かもしれません。
自律神経やホルモンの異常によって代謝がアップすることにより、上半身ばかりかきやすくなるのです。専用の商品などで抑えるという方法もありますが、かくこと自体は体に悪いことではありません。無理に抑えようとするのも良くありませんし、健康状態をチェックするためにそのままにしておいた方が良いでしょう。

まとめ

夏は暑いので汗をかきやすい季節です。
しかし、急にベタベタしてきた場合や臭いが強くなった場合は注意が必要です。病気や体調不良が隠れていることもあるため、ベタベタしていないかこまめにチェックしておきましょう。ベタベタを改善したいという場合、普段からエクリン腺を鍛えておくことがポイントです。

さまざまな方法がありますが、十分な睡眠を取ることや適度な運動をすること、しっかり休息すること、ストレスを溜めないようにすることなどが重要です。

人気記事はこちら

ワキガクリームtop 1

どれだけ洗って清潔に保っても、独特の臭いが発生してしまうワキガ。 汗をかくと臭いがひどくなり、さまざまなケアや対策を施してもなかなか改善しないということも少なくありません。 そんなワキガに悩んでいる人 ...

サムネイル画像 2

汗をよくかく夏場の季節に制汗剤は欠かせないアイテムですが、具体的にどの商品がおすすめになってくるのでしょうか? それぞれの好みや体質、予算によっても選択肢は変わってくることになるので、まずはランキング ...

口臭サプリ 3

人と会話をしている時に、口臭がしないか気になった事のある方も多いのではないでしょうか? 口臭はなかなか自覚するのが難しいデリケートな問題なので、日頃から万全にケアをして対策をする必要があります。 そう ...

-脇汗
-, , ,

Copyright© Un smell(アンスメル) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.