体臭

【自分の臭いが不安…】自臭症とは?症状や対策、治療法まとめ!

投稿日:

女性の画像

もし誰かに臭いを指摘されたり、何も言われなくても露骨に嫌な顔をされたりしたら、皆さんはどう思いますか。
個人差がありますが、人によっては過剰に気にして日常生活に支障をきたす「自臭症」に悩まされることもあります。

そこで今回は自臭症について詳しく解説していきます。

自臭症とは、どのようなものなのか?


「自臭症」は、「自己臭恐怖症」や「自己臭症」とも呼ばれます。
周囲の人たちから臭いと思われているはずだと信じ込み、特に意味のない他人の行動を「自分自身が臭いから」と関連付けてしまい、日常生活に支障をきたすことが特徴の神経症の一つです。

全く臭っていなかったり、気にするほどの臭気ではない場合でも、本人は過剰に気にします。あまりにもストレスを溜めすぎて、胃腸など内臓に不調が生じ、実際に臭いが生じることもあるといわれています。

どんな人が自臭症になりやすい人?


臭いを気にする人が多いのは事実ですが、全員に該当するわけではありません。
指摘されると大半の人は気にしますが、一時的に気にするだけであったり、人によっては注意されても気にしない場合があります。

自臭症になりやすい人

  • きれい好きや潔癖な性格の人
  • 相手の反応がいつも気になって顔色を窺うことの多い人
  • ちょっとした言葉に傷付いてしまう人

が多いでしょう。これ以外にも、厳しい家庭で小さい頃に臭いを始め清潔感を指摘された等、育った環境も影響します。

自臭症の原因


原因として多いのは、他人から直接的に「臭い」と言われたり、しぐさなどで間接的に「臭いがする」と示されることです。
人は誰でも多かれ少なかれ臭いを発しており、空腹や風邪気味であれば口臭が強くなり、汗をかいたり疲労が蓄積すると通常よりも体臭が強くなります。

自分自身では気付かなかった場合、その人の性格によっては過剰に気にする可能性があります。臭いが原因でいじめを受けた過去があったり、会話中に相手が鼻を手で覆っていることが臭いからだと決めつけたりすることが自己臭症の原因になることも考えられるでしょう。

自臭症の症状は対人恐怖症に似ている?


自臭症の場合、自分自身が発する臭気で周囲の人たちが不快になっているのではないかと思い込み、そんなことはないと伝えても考えが変わることはありません。このような場合、過去のトラウマが関連していることが考えられます。

「臭いに違いない」という思い込みがあるので、公共の場でも人が咳き込んだり鼻を手で覆うだけで、臭いからと関連付けてしまうことも挙げられます。そのため電車やバス、エレベーターを極度に怖がるようになることもあります。これは人が密集した空間で、臭いが目立つからです。症状が進んで屋外が怖くなるのは、対人恐怖症のように人が怖くなるからでしょう。いくら注意しても臭うと悩むあまり、うつ病を発症する可能性もあるといわれています。

自臭症対策

①口臭が気になるなら口臭外来で確認する

自臭症では実際に臭わないことも多いですが、どうしても口臭がするという考えが頭から離れないときは、口臭外来へ行ってみる方法があります。
文字通り、歯科医に口の臭いを専門に診てもらうことができます。専門家が診て「臭わない」と言われることで、安心できるからです。口の臭いを気にしている場合は、住んでいる地域に口臭外来があるのか調べてみて下さい。歯科医は毎日多くの人の口を診ているだけでなく常にマスクを装着しているので、安心して受診できます。

②ワキガ臭・体臭が気になるなら体臭外来で確認する

口臭よりも体臭が気になる人は、体臭外来を探して下さい。
口臭外来ほど多くありませんが、ワキガや汗の臭いを始め体の臭いを相談する場合はおすすめです。

実際にワキガや体臭を専門に診ている医師は存在し、ワキガの外科医であるため本当に臭うときは対策をして解決へと導くことが可能です。専門医が臭うか否かを判断し、万が一臭ったとしても適切な対応をとって改善を図ってもらえるため、自分自身の臭いへの恐怖感が軽減するかもしれません。
第三者が明言してくれるので、体臭外来へ行ってみるのは対策の一つとして挙げられます。

③家族や友人に臭いを確認してもらう

普段から簡単にできるのは、身近な人に臭いを確認してもらうことです。
家族や友人に臭わないか、聞いてみるのはいかがですか。親しい友人であれば、思ったことをはっきりと言ってくれます。

聞きづらい場合や、どうしても「気遣っている」と思ってしまうときは家族に尋ねてみて下さい。身内の場合は友人ほど気遣いをしないので、ストレートに答えてくれるでしょう。お世辞や気遣いのない人が相手なら、聞きやすくて返ってきた答えも信頼できるからです。

自臭症の治療法

サムネイル画像

①心理療法

自臭症は心の中に「臭っているという思い込み」があることが原因なので、メンタルクリニックの医師が心理療法を行います。

病院によっては治療は医師が行い、心理療法は臨床心理士が行う場合もあるでしょう。継続して通院する中で、臭いを発していないので周囲にも嫌がられていないと自覚させることが目的の治療です。

公共の場へ出ることが怖い場合は、あえて人が密集している所へ出かけたり実際に人と接したりすることも、治療の一環として行う可能性があるでしょう。恐怖感を覚える環境へ行って、少しずつ恐怖感を除去して克服していく心理療法です。

②薬物療法

症状が進行している人の場合、うつ状態になっていることもあります。
人と接することを極度に恐れていたり、パニック発作を起こしてしまう人もいるでしょう。
メンタルクリニックの医師は、本人の症状を診たうえで抗うつ剤や安定剤を処方します。これらは脳内の神経伝達物質を正すために使用され、どの薬を処方するのかを判断するのは医師です。

口臭や体臭が軽減するわけではなく、うつ状態や恐怖感を緩和させることが目的です。メンタルクリニックでは、心理療法と薬物療法を並行させて症状の改善を図ります。困ったときは自己判断せず医師や臨床心理士に相談し、薬は医師の指示に従って飲むようにして下さい。

周りの人が知っておくべきこと

「気にするな」とは言ってはいけない

口臭や体臭に悩んでいる場合、最も相談しやすいのが家族です。
臭わないのに臭いに悩まされている、そのような状態を見ても「気にするな」という発言は避けましょう。

全く臭いが気にならない家族から見れば「何を言っているのか」と思える状況でも、本人は周囲の発言やしぐさを常に気にして悩んでいます。「理解されない」ことは、新たな苦痛としてふりかかるでしょう。しかも、人間は「気にするな」と言われれば言われるほど、気になってしまうからです。

そのため、「気にするな」は逆効果であることを、周囲の人たちは覚えておくようにして下さい。症状を少しでも緩和させてあげたい、日常生活に支障をきたさないようにしてあげたい、そのためには正しい知識を持って接することが大切です。

自臭症は焦らず治療することが大切

人間は誰でも臭いを持っており、1日のうちでも変化します。
歯を磨いて出かけるときは臭いが少ない場合でも、1日の終わりにアルコールを飲んで汗をかいて帰宅すれば臭いがするはずです。臭いはデリケートな問題であるため、指摘する場合は相手の気持ちをよく考えて下さい。

万が一、自分自身の臭いが気になるときは、早めに周囲に相談することが大切です。
言いたくない場合は専門医を訪ねる方法もあり、メンタルクリニックへ通う方法もあります。早めに対策をすること、そして治療を受けるときは焦ったり無理をしないようにして下さい。

人気記事はこちら

ワキガクリームtop 1

どれだけ洗って清潔に保っても、独特の臭いが発生してしまうワキガ。 汗をかくと臭いがひどくなり、さまざまなケアや対策を施してもなかなか改善しないということも少なくありません。 そんなワキガに悩んでいる人 ...

サムネイル画像 2

汗をよくかく夏場の季節に制汗剤は欠かせないアイテムですが、具体的にどの商品がおすすめになってくるのでしょうか? それぞれの好みや体質、予算によっても選択肢は変わってくることになるので、まずはランキング ...

口臭サプリ 3

人と会話をしている時に、口臭がしないか気になった事のある方も多いのではないでしょうか? 口臭はなかなか自覚するのが難しいデリケートな問題なので、日頃から万全にケアをして対策をする必要があります。 そう ...

-体臭
-, , , , ,

Copyright© Un smell(アンスメル) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.