加齢臭

【2018最新】加齢臭の原因や対策を解説!おすすめの予防グッズも紹介!

更新日:

40代くらいの年齢になってくると発生することが多くなるのが加齢臭。

独特の嫌な匂いがあるので、できればきちんとケアしておきたいものです。

臭いの発生を抑えるには何故、加齢臭が生じるのかや予防をしっかりと行うことが大切ですが、詳しくご存知の方は少ないかも知れません。

できれば早めにケアしていくことが肝心ですから、きちんと対策を覚えておくことが大切です。

加齢臭を対策するために大事なこと

(1)加齢臭の原因を知る

加齢臭の発生リスクは年齢を重ねると共に高まります。誰にでも発生する可能性があるので、中年の域に差し掛かってくると油断は禁物。

その予防と対策を行うには、まずはしっかりと原因を把握しておくことが大切です。

この加齢臭の原因を知らずに闇雲に対策を考えても、なかなか効率的に匂いを抑制することは難しいかもしれません。

全く役に立たない方法で時間やお金を無駄にしてしまったり、逆に匂いを悪化させてしまうようなリスクも考えられます。

(2)加齢臭の発生部位を知る

対策を考えていく上では匂いの原因が、体のどの部分から生じるリスクが高いのかを知ることも、大きなポイントとなってきます。

特に匂いと言えば「ワキ」をイメージする方は多いかも知れませんが、加齢臭の場合にはこの部位の他にリスクが高い箇所が幾つもあり、注意が必要です。

どこから匂いが生じやすいかを知っておくと、対策の際にも重点的にケアすべき部位を絞っていけますので効率的。

逆にリスクの高い部位を知らずにケアしても、必要な部分に手が届いていない可能性もあります。

(3)正しい加齢臭対策をする

匂いの原因が何なのか、そしてリスクが高い部位とはどの場所なのかについて知ることは、対策を考える上でとても大切な要素です。

発生の原因とリスクの高い場所について知った次には、正しい対策方法をチェックして実践していくことが欠かせません。

つまり原因と傾向を探ってから、正しい方法で対策を考えていくことで効率的に加齢臭を予防できると考えられるわけです。

対策方法には色々ありますが、自分にあった方法を複合的に取り入れていくことが重要となります。

いきなり何もかもの方法を始めるのは無理がありますから、良さそうな方法を選んで始めていくと良いでしょう。

加齢臭の原因とは?

なぜ年齢を経るとリスクが高まるのかは、加齢臭が生じる原因であるノネナールと呼ばれる物質と関係があります。

ノネノールは強い匂いを発生させる物質で、熟成させた食品にも含まれている物質です。

これが加齢とともに分泌量が増えるので、そのまま何もしないと加齢臭となってしまいます。

この物質は皮脂腺から分泌されるパルミ・トオレイン酸が変化して生じる物質です。

パルミ・トオレイン酸が酸化すると変質するので、活性酸素の影響も考えられています。

加齢臭が発生しやすい部位とは?

原因物質であるノネノールは体の部位によっても、分泌される量が異なります。

この物質は皮脂腺から分泌されるパルミ・トオレイン酸が変化して生じる物質です。

したがって皮脂腺が多い部位から加齢臭が発生すると考えて良いでしょう。

特に多い体の部位は耳の後ろや頭の他に、首周り・胸・背中そしてワキとなっています。

ただし皮脂腺の量は個人によって違いがあり、必ずしも誰もが同じ部位から加齢臭が生じるわけではありません。

リスクの高い部位を覚えておきながら、総合的にケアしていくことが大切です。

加齢臭の正しい対策方法

(1)石鹸を変える

対策を考えていく上で欠かせないのが、加齢臭用の石鹸を活用していくことです。

色々な方法がありますが専用石鹸の使用は、改善のためにまず試しておきたい有力候補となります。

前述の通りに皮脂腺から匂いの原因物質が分泌されるのが問題なので、サプリなどで内側からケアすることもできますが、完全にパルミ・トオレイン酸をなくすことはできません。

このために分泌されて体表面に付着した原因物質を、如何に綺麗に除去するかは対策を練る上で焦点の一つになります。

石鹸は原因物質を直接除去できますし、変えるだけなので手間もかかりません。

毎日のケアに取り入れやすいマストアイテムと言えます。

ペリカン石鹸・ファミリー柿渋石けん

ペリカン石鹸・ファミリー柿渋石けんの画像
メーカー ペリカン石鹸
価格/内容量 190円/80g

ペリカン石鹸の柿渋ファミリーは加齢臭対策の石鹸の中でも、かなりポピュラーな存在で効果にも定評があります。

価格はかなりリーズナブルなので、お金をかけずにケアしていきたい方にも有力候補となってくれるはずです。

柿タンニンや茶エキスと言った天然成分を使っているのですが、これは伝統的に消臭効果が期待されて日本で使い続けられてきた成分でもあります。

この成分を含んだ柿渋ファミリーはノネノールの除去の他に、足臭などにも効果を期待可能です。

ユーザーレビューでも嫌な匂いが消えたと言うコメントが目立ち、その実力が窺えます。

(2)シャンプーを変える

ノネノールは体の上半身を中心に分泌量が多く、これらの部位で匂いの発生リスクが高いのですが、気をつけなければならないのが頭部です。

石鹸を替えて体のケアを行ったとしても、頭部の手入れはそのままでは充分ではありません。

人によっては頭部が最も皮脂の分泌が心配なケースもありますから、シャンプーについてもしっかりと考えて、対処方法を選んでいくことが大切です。

特に頭皮がベタベタしやすかったり、夕方になると臭くなってしまうような場合には予防の意味も兼ねて、早めに対応していくことが大切でしょう。

美容師が使って欲しいシャンプー1位!チャップアップシャンプー

メーカー ソーシャルテック
価格/内容量 4,180円/490ml
洗浄成分(界面活性剤) アミノ酸系洗浄成分
シリコン ノンシリコン

アミノ酸系の洗浄成分を使用したハイクラスな洗い心地が魅力のシャンプーです。

頭皮のコンディションをしっかりと整える為に開発された製品で、皮脂を適度に保つ効果も期待されています。

皮脂は除去しすぎると分泌が過大になるので、適度な洗浄力で洗えるシャンプーを選ぶことが大切。

このシャンプーはマイルドな洗い上がりながらも、しっかりと汚れを落とせるのがポイントです。

加齢臭にも適応があり、使うことで臭かった頭皮が改善されたと言うレビューもしばしば見当たります。

そんな気分で、使用感はサラサラな泡が沢山頭皮に浸透していき、香りもBABYなかわいいような優しい匂いがします♪♪

髪の毛のボリュームがないので、ずっとシリコンシャンプーを使用していましたがチャップアップシャンプーだけで本当にふんわり!しっかり!さらさら!
尚も健康に見える髪質になりました。オーガニックスカルプケアでありながら、ノンシリコンです。地肌に優しい弱酸性。嬉しい事に、時間が経った頭皮の臭いが無くなりました!

こんな方におすすめ

  • オーガニック系シャンプーを使いたい方
  • フケやかゆみにもお悩みの方

(3)サプリを取り入れる

発生してしまったノネノールはしっかりと除去して、体を清潔に保つことがまず大切です。

これと同時進行で考えていきたいのが、体質改善によって皮脂の分泌を適正化してノネノールの発生を抑えていくと言うこと。

加齢とともに発生リスクは高まるので、体の内側からケアして行こうと言う考え方となります。

この点で重要なのが生活習慣の改善ですが、これに加えてサプリの活用もおすすめできます。

サプリは手軽に行える方法ですし、毎日の習慣にしやすいので考えてみましょう。

みやびの爽臭

みやびの爽臭
メーカー みやび
価格/内容量 2,880円/30mg×90粒
消臭力 ★★★★☆

腸内環境を整えることで体臭の発生を防ごうと言うのが、このサプリのコンセプトとなっています。

柿渋エキスやシャンピニオンエキスなどの天然成分を使って体に働きかけていくサプリで、老廃物による体臭の発生を根本的に解消していくのが狙いです。

含まれている天然成分は合計で118種類にも及び、効果的な製品に仕上げるまでに12年間も掛かったと言います。

この結果として口コミでも評判のアイテムとなっており、加齢臭の悩みを解決できたと言う声も多いです。

(4)食事

生活習慣を見直す上では食事についても一考しましょう。

医食同源と言いますが体臭の発生についても、どのような食事を摂っているかは関わりがあるはずです。

脂っこい食事やインスタントメニューが多い場合には、やはり皮脂の分泌なども心配になってきます。

それではどのような食事が望ましいかと言うと、まずは和食を中心に考えて行くと良いしょう。

栄養バランスも良くてミネラルビタミンをしっかりと摂れます。

あわせて食物繊維やビタミンC・Eを充分に摂取し、抗酸化作用のある食品を摂るのも大切です。

(5)スプレー

生活習慣を見直して体を清潔に保っても、一日は長いですから夕方になってくると疲労もあり、体臭もきつくなってくる方は多いかと考えられます。

一日に何度もお風呂に入るわけには行きませんから、時間が経つと体臭が戻ってきてしまうのはある程度は避けようがありません。

このような場合では一時しのぎに過ぎませんが、加齢臭対策スプレーを活用していくのも良いでしょう。

手軽にスプレーするだけで効果が得られますので、職場にでも持っていきやすいです。

デ・オウ・プロテクトデオシャワー

デ・オウ・プロテクトデオシャワーの画像
メーカー デ・オウ
内容量 200ml

スタイリッシュな黒いボトルが目印のアイテムです。

このアイテムの特徴は色々な香料を使ってごまかしていくのではなく、ニオイベールで加齢臭を包み込むようにシャットアウトする点にあります。

体臭の発生を元から抑制することが可能なので、困った時には臨時で使用していくと良いでしょう。

爽やかなメントールタイプも登場しており、リフレッシュしたい時にも選択肢となります。

ただしあくまでもその場を凌ぐために使うべきものなので、根本的な対策は他に講じていくことが大切です。

加齢臭が気になる前に予防する方法

(1)ストレスを溜めない

まずストレスを溜めないことが加齢による体臭の予防にとても大切です。

ストレスを感じると体内に活性酸素が増えるのですが、これと皮脂が触れ合うことでノネノールが発生すると考えられています。

つまり活性酸素を発生させないことも、対策として極めて重要な点となるわけです。

ストレスと言っても人間関係だけではなく、例えばお酒の飲み過ぎや紫外線の浴びすぎなども、体にとって負担になってきます日々の暮らしを見つめ直すことが大切です。

(2)タバコを控える

タバコは活性酸素を発生させることになりますので、できれば禁煙を考えていくことにしましょう。

ストレス発散に必要と考えるかも知れませんが、実はタバコの有害物質を体内に取り込むこと自体が、実際には体にとって負担となっています。

ですのでまずは減煙から始めていき、最終的には禁煙を目指していくことで体質を改善していくと良いでしょう。

今後は訪れる老後の暮らしを考えても、タバコによる老化を抑えることで、健やかで軽い体を維持することが重要です。

(3)食事に気をつける

食事は体臭の予防にも効果的ですから、まだ大丈夫なうちからでも将来を考えて見直していくことが有益です。

中年の域に差し掛かってきたら、体臭の発生リスクは高まってきますので、予防する形で日々のメニューを考えていきましょう。

おすすめなのはやはり和食で、栄養バランスを考えて健康的なメニューに切り替えて行くことが大切です。

加えて抗酸化作用のある食べ物もしっかりと摂取していきましょう。

加齢臭対策・原因・予防のまとめ

加齢によって生じてくる体臭の原因や対策について紹介してきました。

大切なのはノネノールを減らすことと、発生した分はしっかりと除去することです。

そのためには色々な方法がありますが、石鹸とシャンプーの変更、そして生活習慣の見直しはすぐにでも始められるので、早速取り組んでみて下さい。

お酒を控えたり脂っこい食事は減らしたりするだけでも、変化は現れてくるかも知れません。

全ては無理でも少しずつコツコツ取り組んでいくことにしましょう。

人気記事はこちら

1

夏になって何もしなくても汗をかくようなことが増えてきました。 出勤、通学時に電車やバスの中で周りの人とぶつかってしまうくらい密集した中で、 頭皮の匂いが気になることがあると思います。 男性の方は特に気 ...

2

40代くらいの年齢になってくると発生することが多くなるのが加齢臭。 独特の嫌な匂いがあるので、できればきちんとケアしておきたいものです。 臭いの発生を抑えるには何故、加齢臭が生じるのかや予防をしっかり ...

3

自分だけでなく周りの人間にも影響を与えることがあるワキガの症状、臭いがあまりにきつい場合には精神的に参ってしまうこともあるので注意が必要です。 では、具体的にワキガの症状があらわれた時にはどう対処して ...

-加齢臭
-, , , ,

Copyright© Un smell , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.