顔汗

【2018年最新】ひどい顔汗の止め方とは?原因や対策方法のまとめ9選!

更新日:

女性の画像

暑い毎日、顔汗が溢れて止まらないことありませんか?

  • 汗で化粧が崩れる、、
  • 仕事の重要な場面で汗が止まらない
  • 日常的に汗っかきで恥ずかしい

なんてお悩みの方は必見です。

顔から出る多量の汗を止めるにはどのような方法があるのでしょうか?

今回は、様々な顔汗対策方法についてご紹介していきます!

顔汗を止めるには病院や薬を飲むしかないの?

女性の画像

まず、顔汗を止めるにあたって、病院に行って治療を受けることや薬を飲む以外の方法はないのでは?と考える人は少なからずいます。

しかし、実はそんなことはありません。

病院に通い、治療を行うことは確かに有効なのですが、健康保険の対象外になっていることもあり治療費がややかかりがちであることがデメリットとなります。

また、薬に頼る方法は副作用によるリスクがあり効果が薄い場合があるため、あまり適さないこともあります。

まずは、顔汗の原因を知り、正しい対策や日々のホームケアを適切に行うことにより改善することが可能ですのでなるべくホームケアを行うようにしましょう!

顔汗の原因とは?

(1)運動不足

顔汗の原因にはいくつかの種類に分かれていますがまず考えられるのが運動不足です。

運動不足がどうして顔から汗が出ることにつながるかというと、運動をすると体温を調節するために汗を流すという機能が人間には備わっています。

しかし、日常的な運動不足により熱の発生がない状態であったり、あるいは熱の発生に乏しい生活を日々過ごしていると汗を分泌する機会が少なくなります。

そうなってしまうことで特に心臓から離れた部分である下半身の汗腺が、休眠状態に入るようになります。

その結果として、動きの多い顔や頭に汗が集中してひどい顔汗を招いてしまうというわけです。

(2)エアコン

エアコンは、身体を冷やすのには欠かせない室内設備です。

また、多くのマンションにおいてはエアコンがきちんと設置されているこのような環境はがんがん稼働してしまいがちです。

しかし、エアコンを常時稼働させるときには気を付けなければならないこともあります。

オフィスなどで長時間デスクワークをしていて運動不足なことに加えて常にエアコンの効いた部屋にいる人は、知らず知らずのうちに全身の汗をかきにくい体質になってしまいます。

汗をかきにくい体質になると運動不足と同様に、動きの多い顔や頭の汗腺にだけ汗が集中するため対策しなければなりません。

(3)顔面多汗症

また、もしかすると顔面多汗症という病気の可能性もあります。

この病気の特徴は、顔にだけ大量に汗をかいてしまう病気のことです。

原因に関してはよくわかっていない部分もまだあるのですが、症状の発生の仕方としてある日突然なる人もいるといわれているものです。

人は気温が暑かったり、辛い食べ物を食べたときに汗をかくのは当然のことといえるでしょう。

しかしあまりにも滝のような汗が顔から出てきてしまう場合においては顔面多汗症の可能性があります。

もしも日常生活に支障が出てきてしまうほどひどい顔汗で悩んでいるという場合においては、この病気にかかっている可能性を疑い病院へ行くことが重要です。

顔汗をすぐに止める方法

女性の画像

(1)体を冷やす

それでは、顔汗をすぐに止める方法に関してですがこれは簡単です。

人間の身体の機能としては冷やすことで、自然に汗はとまるようにできています。

例えば水風呂や冷たいシャワーを浴びるなどをすることで身体を冷やすことは可能です。

水泳のプールなどを利用する方法もあります。

身体が熱くなっている時に、体温を下げるためにかく汗は温熱性発汗と呼ばれる正常な反応です。

このタイプでかく汗の場合であれば、体を冷やすことで発汗を止めることができるといわれています。

保冷剤を使用する方法も有効であり、その場合は首の後ろなどを濡れたタオルなどで冷やしてみましょう。

(2)冷たい飲み物を飲む

冷たい飲み物を飲んでおくことで、顔から出る汗をとめることも出来ます。

とはいえ日常的に体を冷やすことは、あまりおすすめできません。

こうした方法が有効になるときは体が熱く火照っているときです。

体温の上昇による顔や体の汗ならば、冷たい飲み物を飲んでおくことである程度抑えることが期待できるようです。

ただし、冷たい飲み物を飲むのはいいのですがあまりに飲みすぎるとお腹を壊してしまう可能性があるためこのあたりは考慮しておきます。

また、夏の時期には多量の水分を摂取することによる水中毒や糖分をとることで起こる糖尿病などにもならないようにすることも重要です。

(3)おすすめは顔汗専用のクリームを使うこと!

顔汗の一番おすすめな対策方法としては、制汗剤を使用することです。

あまり知られていないですが、脇汗などを止める制汗剤と同じように、顔汗を止める専用の制汗剤もあります。

一口に制汗剤といっても色々なタイプがあります。

以前はスプレータイプが主力商品でしたが、今はスプレータイプのほかにもクリームタイプ・ロールオンタイプ・シートタイプなどが存在しており自由に選択することが出来るようになっています。

その中でも、クリームタイプの商品は朝などの外出前に1度塗るだけで、肌に浸透し1日中顔汗を抑えることができます。

最近の商品は汗を押させるだけではなく、美肌成分なども配合しているので是非1度使用してみることをおすすめします!

おすすめ
女性の画像
【制汗剤】顔汗を止めるクリームおすすめランキング12選!市販の人気商品も

顔汗を抑える制汗剤は、クリームタイプからローションタイプ、スプレータイプなどいくつかの種類があります。 利用シーンによって顔汗用の制汗剤の種類を使い分けることができ、大量に流れる顔汗による化粧崩れなど ...

続きを見る

その他の顔汗を止める方法

(1)半側発汗を利用

半側発汗とよばれる方法で汗を止めることが出来ます。

この方法では、片側の身体の皮膚を圧迫することによって左右や上下の反対側の身体の部分から発汗するという身体現象を利用して汗を止められる仕組みとなっています。

やり方には、汗止め帯と呼ばれるベルトのようなアイテムを利用する方法があります。

この汗止め帯にはサイズもいろいろあり、女性だけではなく男性でも使えるものです。

このアイテムは自分の胸囲にあったサイズのマジックテープで止める細い帯となっています。

中には、汗を止めることが可能なツボ押し用の突起部もついたものも販売されています。

(2)血管を冷やす

血管を冷やすと、体温を効果的に下げることが出来ます。

人間の身体では脇の下・首・脚の付け根といった場所に太い血管が皮膚の近くを通っているためにここを重点的に冷やしておくと体温を効果的に下げることが可能というわけです。

そしてこれは顔から出る汗の対策法だけに限りません。

熱中症など、早く熱を下げたいときにおいてはこれらの場所を冷やすと効果的に冷やすことが出来ることを知っておくと対処しやすいです。

濡れたタオルやシップを貼る方法のほか水枕などを利用する方法があります。

体温を効果的に下げることで、暑い夏でも乗り切りやすくなります。

(3)抗コリン薬

抗コリン薬は、副交感神経遮断薬とも呼ばれています。

神経伝達物質の一種であるアセチルコリンと呼ばれる物質がアセチルコリン受容体に結合するのを阻害する働きがあります。

腹痛・頻尿・パーキンソン病などに投与される薬ですが、発汗を抑制する作用もあることから汗の防止にも効果のある薬です。

ただ、抗コリン薬は医薬品であるため副作用があるというリスクを覚えておく必要があるでしょう。

それから持病持ちの場合は投与することはできません。

例としては、前立腺肥大による排尿障害のある人の場合には症状を悪化させるおそれがあるため投与禁止となっているなど注意事項もあります。

(4)手のツボを押す

東洋医学の治療法では手のツボを押すことで汗を止めることが可能です。

特に暑さや緊張などによる精神的な原因によって顔汗が流れる場合において効果があります。

代表的な手のツボとしては、合谷が挙げられます。

人差し指と親指の骨が合流するポイントから、少し人差し指側のほうを押しておくとツボにあたります。

発汗の抑制のほか、頭痛の抑制などにも効果のあるツボです。

ほかにも、後渓と呼ばれるツボも効果的です。

手相の線のうち感情線があるのですが、その末端部分のところにツボがあります。

こちらも発汗を抑えるほかに筋肉の緊張やこわばりを緩和させる効果があります。

(5)精神安定剤(抗不安剤)を使用する

精神安定剤あるいは抗不安剤は精神的に落ち着いていると汗はかかないという性質のため、薬で安定をはかると汗も落ち着くという仕組みです。

しかし、こちらの場合はあまりおすすめすることはできません。

医薬品には副作用があり、人によってはかえって症状が悪化してしまう可能性がないとはいいきれないためです。

さらには、精神安定剤の中には依存性がみられるものも存在します。

医師の処方によって服用するのであれば一時的には症状改善の効果には期待できますが、できれば永続的に使用せずに他の方法に切り替えておいたほうが良いでしょう。

(6)ミョウバン水

ミョウバン水は、食品添加物としていろいろな食品に使われる成分です。

安全性は基本的には高いので、利用することは出来やすいです。

ただ顔はデリケートな部分であることやミョウバンが体質的に肌に合う合わないがみられることから、まずは水で薄めたミョウバン水から試してみると良いでしょう。

ミョウバンをつけると、毛穴が引き締める収斂効果が高いことから古代人の美容アイテムとして使用されていました。

ミョウバン水の原料であるミョウバンは、ドラッグストアなどで200円程度で売っているので制汗剤を購入するよりもかなりリーズナブルに汗対策ができるメリットがあります。

(7)適度な運動を行う

適度な運動を行うことで、体内の血流をアップさせることができます。

できれば、ヨガや体操・ストレッチなどを継続的に行って血行をアップすると良いでしょう。

健康的な汗が流れるようになれば、顔だけから汗が流れるようなことはなくなります。

適度に運動して汗をかくことで、汗腺が鍛えられます。

中には汗をかくことに不快感をおぼえる方もいるかと思いますが、適度に汗をかき汗腺を鍛えるメリットには汗をあまりかかない人に比べて汗が出る量は少なくすることができると考えられています。

汗腺がしっかりと汗を出す役割を果たせるよう、日頃から体を動かすことで体温を上げるようにしましょう。

(8)ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスの乱れは、自律神経の働きがあまりよくなることによって顔汗を多く流してしまう原因となっていますので対策する必要があります。

ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活を行うことは特に重要です。

女性の場合は女性ホルモンの改善のため外からプラセンタなどを配合するサプリやクリームなどで補給することが重要です。

暴飲暴食に関しては控えておき、ストレスなどは適度に発散するような工夫を行っておくようにします。

仕事・家事・育児などで忙しい女性にとってはなかなか難しいですが、心がけておくと大きな違いが出やすいです。

(9)サプリを取り入れる

サプリの中にも、顔から出る汗を止めることが出来るタイプのものもあります。

ただ多汗症対策で用いるサプリは、汗をかきにくくするわけではないことを留意します。

サプリを服用することで得られる効果には、汗の量を調節して、汗を小出しにさせる働きがみられます。

これは、サプリにより身体の代謝があがる作用があるためです。

代謝が上がっていく効果は、実は汗の臭いに関しても大きな影響をもたらすこともいわれています。

べたつくような嫌な汗は、特に嫌な臭いを放つことが特徴です。それを代謝があがることで不快感の少ない汗にしやすくできます。

顔汗が止まらない場合は病院へ

医者の画像

このように、顔汗対策にはいろいろな方法が考案されています。

ただ、これらの方法を試しても汗が止まらないケースも中にはあります。

そのようなときに考えられるのは、何らかの病気にかかっている可能性です。

ですので、病院で相談しておくことがおすすめといえるでしょう。

病院に行かなくても対策することはできますが、困ったときには医師による診断を受けておいたほうが確実に対処しやすいといえます。

顔から汗が出るという症状自体は症状が軽いことも多いため病院にかかることをためらってしまいがちですが、精神的なショックの軽減などには医師を利用することは良い方法です。

顔汗の原因を知り正しい対策をしましょう

顔から出てくる多量の汗には、原因がいくつかあるためまずは原因をしっかりと突き止めておくことが重要視されます。

まずは対策法としては規則正しい生活をどれだけおくれるかが重要です。

そして、色々な方法が考案されているため一通り組み合わせてみて対処していくようにします。

もしそれでも汗が流れるようなときや不安があるときには、医療機関で診てもらうことで安心できる結果になります。

お金がかかるリスクはありますが、思わぬ病気にかかっている可能性もあるため調べてもらうことが重要です。

人気記事はこちら

ワキガクリームtop 1

どれだけ洗って清潔に保っても、独特の臭いが発生してしまうワキガ。 汗をかくと臭いがひどくなり、さまざまなケアや対策を施してもなかなか改善しないということも少なくありません。 そんなワキガに悩んでいる人 ...

サムネイル画像 2

汗をよくかく夏場の季節に制汗剤は欠かせないアイテムですが、具体的にどの商品がおすすめになってくるのでしょうか? それぞれの好みや体質、予算によっても選択肢は変わってくることになるので、まずはランキング ...

口臭サプリ 3

人と会話をしている時に、口臭がしないか気になった事のある方も多いのではないでしょうか? 口臭はなかなか自覚するのが難しいデリケートな問題なので、日頃から万全にケアをして対策をする必要があります。 そう ...

-顔汗
-, ,

Copyright© Un smell(アンスメル) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.