デリケートゾーン

【最新】デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのクリームランキング5選!原因や改善方法も!

投稿日:

デリケートゾーンの黒ずみを気にしたことはありますか?

基本的に人に見られることのない場所とはいえ、デリケートゾーンの黒ずみは気になりますし、普段は他人に見られることはない部分であっても、やっぱり清潔に保ちたいですよね。
しかし、デリケートゾーンのことは人に相談しにくいうえに、どんなケアが自分に合っているのかもわかりずらいです。

そこで今回は、デリケートゾーンの黒ずみは、どうして起こるのか?また、解消することはできるのか?など、気になるデリケートゾーンの黒ずみの原因や対策、おすすめケア用品などを紹介していきます。

デリケートゾーンの黒ずみで悩んでる人は多いの?


デリケートゾーンの黒ずみで悩みを抱えている女性はたくさんいます。もともと、デリケートゾーンは加齢や乾燥、下着による摩擦などさまざまな原因で黒くなりやすい部位のため、黒ずんでしまうことは誰にでも起こることなのです。時間はかかる傾向がありますが、適切な対策をきちんととれば改善することは可能ですので、あまり気にしすぎることはありません。

デリケートゾーンに黒ずみができるメカニズム


肌が黒ずむ主な原因はメラニン色素です。日焼けをすると肌が黒くなりますが、これは、肌を保護しようとしてメラノサイトという器官がメラニン色素を生成するためです。

また、紫外線だけでなく、繰り返しこすれたり、かぶれたりといった刺激を受けてもメラニン色素は生成されます。ただし、一定期間経つと肌の新陳代謝が起こってメラニン色素が排出され、もとの肌の色に戻ることが普通です。ところが、あまりに大量にメラニン色素が生成されてしまったり、新陳代謝が送れたりすると、排出が間に合わなくなって皮膚に沈着していまいます。そして黒ずみが生まれるわけです。

デリケートゾーンに黒ずみができる主な原因

チェック画像

①ホルモンバランスとターンオーバーの乱れ

黒ずみが起きる大きな原因として、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。女性の体は、エストロゲンプロゲステロンの2つの女性ホルモンが、月経周期と連動して分泌量を変化させています。このうち、エストロゲンにはメラニン色素を発生させる働きがあるホルモンで、バランスが崩れて急激に分泌量を増やすといったことがあると、メラノサイトを刺激して多くのメラニン色素を作り出してしまうのです。

生成されたメラニン色素は、新陳代謝が正常に行われれば排出されます。しかし、ホルモンバランスの乱れやストレスなど、なんらかの原因で新陳代謝のリズムが狂うと、メラニン色素も正常に排出されず、肌に残って黒ずんでしまいます。

②下着の締め付けや自己処理による摩擦

小さめの下着やタイトなボトムを身に着けていると、デリケートゾーンは締めつけられて摩擦が起こりやすくなります。摩擦を受けた肌は、危機を感じてメラニン色素を盛大に生成しますので、黒ずみができてしまう結果となってしまいます。

しかし、黒いのが気になるからとゴシゴシこすって洗うのも良くありません。肌に刺激を与え、やはり保護しようとしてメラニン色素の生成を招いてしまいます。メラニン色素は皮膚の表面についているわけではありませんので、いくらこすってもおちることはありません。
洗ったという充実感を得られるだけで基本的にはデメリットしかありませんので、ゴシゴシ洗いはやめましょう。

アンダーヘアをカミソリや毛抜きで自己処理した場合も、同様に肌に対して大きな刺激となり、黒ずみを起こしてしまう結果となります。アンダーヘアを処理することは、ムレを軽減して雑菌の繁殖を抑え、かぶれやニオイの予防・緩和につながりますので良いことです。ただ、自己処理したあとは丁寧にケアすることが大切なのです。

③妊娠中・出産後に起こるホルモン量の変化

妊娠中や出産後の身体は、女性ホルモンの分泌量に大きな変化が起きます。
活性化してメラノサイトを刺激し、メラニン色素を作り出しますので、デリケートゾーンや乳首などが黒くなってしまいます。
しかし、妊娠出産で起こった黒ずみは、産後しばらく経つとしだいに女性ホルモンのバランスが整ってきて解消することがありますので、それほど心配することはありません。

④乾燥

身体のどの部位であっても、肌を健やかな状態に保つために必要になるのは適度な潤いです。

肌が十分に潤っているとバリア機能も正常に働き、外部刺激に強くなって肌を保護します。ところが、保水力が低下して肌が乾燥すると、バリア機能も低下し、外部からの些細な刺激にも弱くなってしまうのです。すると、肌を守るためにメラニン色素が生成されやすくなります。
乾燥は新陳代謝のリズムも崩しますので、生成されたメラニン色素が排出されずに色素沈着を起こしやすくなります。

デリケートゾーンの黒ずみケアにおすすめできない方法

①スクラブ

スクラブ入りの石けんやボディソープが販売されています。
スクラブと呼ばれるごく細かな粒子が入っていて、洗うと肌にブツブツとした刺激あり、いかにも洗っている!という感覚を与えるものです。スクラブが毛穴の奥に入り込んでしっかり汚れを落とすとも言われています。

しかし、スクラブは古い角質や汚れなどは落とせますが、メラニン色素は肌に付着しているものではありませんので、スクラブでこすったところで落ちることはありません。それどころか、肌に不要な刺激を与えてメラニン色素の生成を促す可能性もあります。

肌を傷めるリスクもありますので、スクラブ入りの洗浄剤は使わないようにしたほうが無難です。

②重曹

重曹も、スクラブのように古い角質や汚れを落とすことができます。
細かいので毛穴の奥まで入って汚れを落とすこともあります。ただ、色素沈着の解消にはなんの効果もありませんので、敢えて使う理由はあまりありません。

重曹はエコ掃除や食品のあく抜きなどにも用いられ、なんとなく肌に優しいイメージをもたれがちですが、洗うのに使うと粒子が肌を摩擦し、刺激を与えます。黒ずみ解消を目的とするなら重曹の使用は避けるべきと言えます。

デリケートゾーン専用の美白コスメにはどういったものがある?

クリームの画像

①ボディーソープ

デリケートゾーン専用ボディソープは、低刺激ながらしっかりした洗浄力があり、肌に負担をかけずに汚れを落として清潔に保つことで、肌本来の白さを取りします。

植物エキスやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているものも多く、潤いを与え、洗い上がりの乾燥を防ぎます。殺菌成分が配合されているもの、カキタンニンなどの抑臭効果がある成分が配合されているなど、ニオイケアにも効果があるものも多いです。

②石鹸

デリケートゾーン専用石鹸は、天然由来成分にこだわったものも多く、肌に優しく負担をかけないようになっています。

③クリーム

ケアクリームには、トラネキサム酸やビタミンC誘導体、グリチルリチン酸2Kなどの黒ずみケア成分が配合されているほか、プラセンタやコラーゲン、セラミドといった保湿成分も配合されていて、黒ずんだ皮膚を薄くするだけでなく、健やかな状態に整える効果も期待できます。

もちろん、デリケートな部位でも使える低刺激です。基本的には朝晩の2回気になる個所に塗るだけですので、ケアが負担になることもないでしょう。パッケージは小さくてかわいいデザインのものが多く、一見してデリケートゾーンのケアアイテムとわかりづらくなっており、洗面所などにほかのコスメと一緒にさりげなく置いておいても違和感はありません。

おすすめなのはクリームタイプ!

長い時間をかけて沈着した色素の解消には、専用のボディソープや石鹸と併用してケアクリームを使うのがベストです。そのなかでどれか1つだけを使用するなら、クリームがおすすめです。

クリームは肌に長時間付着して徐々に浸透していきますので、石鹸などより高い効果が期待できます。

また、旅行や長時間外出するといったときでも持ち運べて、どこでもお手入れ可能というメリットがあります。

美白クリームでデリケートゾーンの黒ずみが改善するメカニズム

ケアクリームで黒ずんだ皮膚が白くなっていくメカニズムは、ケア製品ごとに多少アプローチ方法は異なりますが、基本的には同じです。

大まかに説明すると、

  1. 美白成分がメラニン色素の生成を抑制するとともに、保湿成分がたっぷり潤いを与えられた肌はバリア機能が向上して外部刺激に強くなり、色素沈着を防ぎます。
  2. メラニン色素が新たに作られにくくしたうえで、角質層を柔軟化して新陳代謝を活性化させます。
  3. 新陳代謝が起これば黒ずんだ細胞は剥がれていきますので、これを繰り返すことで黒くなった肌の色をどんどん薄くしていくのです。
  4. デリケートゾーン用の美白クリームの選び方

    ①添加物が含まれていないものを選ぶ

    繰り返しになりますが、肌は刺激を受けると守るためにメラニン色素を生成します。ですので、なるべく刺激を与えるものは避けることが大切です。ケアクリームも、香料や着色料、アルコール、鉱物油などの刺激となる可能性の高い添加物分が入っていないものを選ぶことが大切です。

    ②医薬部外品のものを選ぶ

    より高い効果を得たいなら、化粧品よりも医薬部外品を選ぶのがおすすめです。医薬部外品とは、化粧品と医薬品の中間にあたるもので、厚生労働省が一定の緩やかな効果を認めた成分(有効成分)が配合されています。医薬品のような副作用のリスクは低く、ただのクリーム(化粧品)よりも効果が期待できます。

    ③トラネキサムサンが含まれているもの

    美白効果が認められている有効成分はいくつかありますが、そのなかの1つがトラネキサム酸です。アミノ酸の1種で、メラニン色素の生成を抑制するほか、メラニン生成工場であるメラノサイトを活性化させるプラスミンという物質の働きも抑制する効果があります。色素沈着の原因にアプローチしますので、薄くするだけでなく、予防もできる優れた成分なのです。安全性も高いため、肌が弱い人でも安心して使えます。

    ③グリチルリチン酸2Kが含まれているもの

    美白クリームのなかには、グリチルリチン酸2Kが配合されているものがあります。その効能は、主に抗炎症・抗アレルギー・解毒の3つです。スカルプケアシャンプーや育毛剤に配合されていることも多く、その場合は炎症を抑えてフケやかゆみを防ぐ役割が期待されています。

    そんな成分が美白クリームに配合されている理由は、グリチルリチン酸2Kの炎症を抑える効果によって、メラノサイトがメラニン色素を大量に生成しようとするのを防げるためです。また、肌の状態を正常に整えるため、新陳代謝がスムーズになり、さらに外部刺激に強くなって色素沈着が起きにくくなるという作用もあります。

    ④美容成分も配合されているもの

    肌のきめが整ってなめらかになると、より白く見える効果があります。セラミドやヒアルロン酸、プラセンタなど、美容成分が含まれているものを選ぶと、デリケートゾーンの肌もしっかり保湿されてきれいな状態となり、より高い美白効果が得られるでしょう。
    健やかな肌は正常なリズムの新陳代謝が行われますので、より黒ずみが薄くなることが期待できます。

    ⑤予算に合ったものを選ぶ

    クリームを塗ってもすぐには効果は出ないため、最低でも3カ月はかかることは既に述べた通りです。ほとんどのクリームが1本で1カ月程度の分量がはいっていますので、最低でも3カ月は継続して買い続ける必要があります。そのため、家計に負担がかからない金額におさまるものを選ぶことは重要なポイントとなります。

    医薬部外品のクリームは高額になる傾向がありますが、定期購入コースを申し込んだり、まとめ買いをしたりすると、割引率が高くなっていくらか割安で買えることがあります。割引制度やキャンペーンを賢く利用すれば、お得に買うことも可能です。

    おすすめのデリケートゾーン用の美白クリーム3選

    イビサクリーム

    イビサクリームの画像
    メーカー ファイブテイルズ
    価格/内容量 4,970円(集中ケアコース)/35g
    商品特徴 肌荒れを防ぎながら黒ずみケア

    イビザは、美白クリームのなかでも高い人気を誇るクリーム。

    人気脱毛サロンが開発を手掛けた医薬部外品です。

    有効成分トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kを配合し、肌状態を整えて美白に導きます。

    さらに、サクラ葉抽出エキスやカモミラエキス、ダイズエキスなどの植物成分がデリケートな部位の肌状態を整えて美白をサポート。

    保湿成分がたくさん入っているのも特徴の1つで、ヒアルロン酸Naやグリセリン、乳酸ナトリウム液などの8種類の成分が肌に潤いを与えて健やかな状態へと導きます。

    健康な肌は新陳代謝のリズムも整いやすくなります。

    香料や着色料、鉱物油などの刺激となりやすい成分は無添加。

    アルコールによるヒリヒリ感を感じることもなく、デリケートな部位にも使えます。

    28日以内の返金保証期間があるため、万が一肌に合わないといったことがあっても安心して試せます。

    肌に馴染みやすく伸びやすいクリームです!
    塗った後はさらっとしてスベスベに(^-^)
    私はバストトップと太ももの付け根部分?に塗りました。
    朝晩に塗って2週間が経過しましたが、バストトップはツートーン明るくなったのが分かります!
    早く効果が見れたのでとても嬉しく思いました!!
    太ももの付け根部分はショーツやストッキングなどがどうしても当たって擦れてしまうせいか、少し明るくなったかな?という感じです(^_^)
    ですが、摩擦でガサガサだった肌が保湿され、潤って気にならなくなりました!
    夏までに黒ずみが気にならなくなることを期待して続けて塗っていこうと思います(^O^)

    出典:@cosme

     

    イビサセラム

    イビサセラムの画像
    メーカー ファイブテイルズ
    価格/内容量 9,800円(コース価格)/30ml
    商品特徴 6つの植物エキスを厳選配合

    日本一のサロンが開発したということで有名であり、ビタミンC誘導体、アルブチン、グリチルリチン酸2Kの3つの美白成分を配合した医薬部外品です。

    脱毛サロンが開発した商品だからこそ使い勝手が最大限に考慮されており、6つの植物エキスで肌に潤いとハリを与えて透明感のある肌へと導いてくれます。

    無添加であり、サラリとしたテクスチャーが使いやすいのも特徴的と言えるでしょう。

    モニターでお試ししました
    デリケートゾーンから体全身の気になる黒ずみをケアしてくれる美容液です

    合成香料、着色料、鉱物油、パラベン、
    石油系界面活性剤不使用なので安心して使えます♪

    とろみのある美容液で液が垂れにくいので塗りやすく、肌馴染みも良いです
    ほのかに柑橘系の香りがします♪

    座り方が良くないので片足のくるぶしの黒ずみが酷かったのですが、塗り始めて薄くなってきて感激です。乾燥も改善されてます(*^_^*)

    こつこつ毎日塗ればもっと改善していくと思うのでこれからも続けます♪

    出典:@cosme

     

    ハーバルラビット

    ハーバルラビットの画像
    メーカー ビズキ
    価格/内容量 4,750円(定期価格)/35g
    商品特徴 透明感のある肌へ

    主な特徴としてあるのが有効成分である水溶性プラセンタエキスが配合されていることであり、メラニンの生成と抑制をしてくれます。

    ビタミンC誘導体やグリチルリチン酸2Kや米ぬかエキスも加わって、新陳代謝を促して透明感のある肌へと導いていきます。

    その他にもこだわりがあり、潤い成分であるトリプルヒアルロン酸・トレハロース・セラミド・コラーゲン、ビサボロロールなどの美白成分も配合しており、無添加で自然な野ばらな香りがして毎日の使用に最適です。

    ありがとうございます!3ヶ月使い続けたら、ほとんど黒ずみはわからなくなりました。ほんとに感謝です。

    出典:公式サイト

     

    ヴィエルホワイト

    ヴィエルホワイトの画像
    メーカー 優美
    価格/内容量 980円(初回価格)/30ml
    商品特徴 アロマ効果でニオイケア

    ヴィエルホワイトは、むずむずする乾燥肌やデリケートゾーンのニオイの対策にも効果がある美白クリーム。

    黒ずみケアとしてトラネキサム酸やグリチルリチン酸2Kを配合し、メラニン色素の生成を阻害、肌を保護してきれいな状態へ。

    トリプルヒアルロン酸やアマチャヅルエキスなどの保湿成分が肌に潤いを与えてケアします。

    カモミラエキスやコラーゲンがハリのある肌へ。成分は超低分子化することで浸透性を高めているため、より高い効果が期待できます。

    着色料やシリコンなどの成分は無添加で低刺激です。

    12カ月の継続購入を前提として、初回に限り89%OFFで購入できる制度もあります。

    続けて購入するつもりの人は、活用するのがおすすめです。

    私はもともと色白なんですが、皮膚が弱いせいか?下着などでこすれると、ガサガサの黒ずみになって、よけいに目立つんです。エステも考えたけど、人に見せるのは恥ずかしい・・・これは自宅でこっそりお手入れできるので助かります!
    今では、その甲斐あって真っ白です!

    出典:公式サイト

     

    WHITE LUXURY PREMIUM

    WHITE LUXURY PREMIUMの画像
    メーカー 美彩
    価格/内容量 5,980円(定期価格)/25g
    商品特徴 肌の奥深くまで浸透

    WHITELUXURYPREMIUMは医学誌に掲載されたこともある薬用クリームです。

    アスコルビル酸Na・リン酸アスコルビルMg・テトラヘキシルデカン酸アスコルビルの3種類のビタミンCを独自処方のスーパーVCTで配合しているのが最大の特徴。

    独自処方の効果で成分が基底層まで浸透し、メラノサイトに効率的に働きかけることを可能にしています。

    ヒアルロン酸やプラセンタ、アロエベラエキスなどの高い効果で知られる美白・美容成分も贅沢に配合。

    ただ黒ずみを白くするだけでなく、なめらかに整った肌状態へと導きます。

    香料や着色料、アルコールなどは無添加で肌に優しい低刺激なつくり。

    WHITELUXURYPREMIUMはバストトップの美白を主な目的としていますが、低刺激なため、わきやビキニラインなどにも使用可能です。

    定期購入すると約40%OFFで購入できます。

    本当に色素が薄くなってビックリ!買っても効果が現れない少数派だろうなと思ってました。こういったものはだいたい誇大広告で、
    微妙なものを高く売りつけるというイメージしかなかったから。
    それでも買ったのは、口コミも良かったのと、乳首にコンプレックスがあったからです。色白なだけに濃い色素が映える(泣)
    1カ月たって、あきらかに薄い。
    一般の人くらいになれました。
    定期にしてるので、ここからどうなるか期待しています。

    出典:公式サイト

     

    デリケートゾーン用のクリームの効果的な使い方

    チェック画像

    商品にもよると思いますが、デリケートゾーン用のクリームは朝と晩の2回塗ることが多く、1回の量は硬貨の5円玉ぐらいです。

    黒ずんでる部分だけをピンポイントに塗布するのではなく、広範囲に塗るのもポイントになるので、少し多めの量を使うのも良いでしょう。

    さらに効果的に使うためには肌に浸透させるのが重要になりますから、毛穴が開いているお風呂上りがベストとも言えます。
    手も温かい状態にして、塗ったあとは冷やしたタオルなどを用意しまして毛穴を引き締めてあげることによって肌への吸収が良くなります。
    他にも時間をかけて重ね塗るなど、手間をかけてあげることも大事です。

    その他のデリケートゾーンの黒ずみの予防・改善方法

    ①ゴシゴシ洗わない

    デリケートゾーンは「デリケート」というくらい、本当に繊細な部位です。
    洗う時も、身体のほかの部位よりもよほど注意することが必要となります。黒ずみを落としたいからとゴシゴシこするのは厳禁です。刺激を与え、より黒くしてしまう可能性もあります。よく泡立てた石けんで、包み込むようにして丁寧に優しく洗うようにしましょう。

    ②質の悪いナプキンやトイレットペーパーの使用を避ける

    品質の悪いナプキンやトイレットペーパーを日常的に使っていると、デリケートゾーンの柔らかな皮膚にこすれによる負担が蓄積し、メラニン色素の生成を活性化させていまいます。
    トイレットペーパーの使用は1日に何度もあることですし、ナプキンは月経期間中に5日から1週間程度は装着するものです。できるだけ皮膚への負担が軽減するような、品質の良い柔らかなものを選ぶようにします。排泄後は、トイレットペーパーでそっと押さえるようにして優しくふきとるようにすることも大切です。

    ③ムダ毛処理のあとに保湿をたっぷり行う

    ムダ毛を抜いたり剃ったりしたあとは、どれだけ丁寧に行ったとしても、肌は大きなダメージを受けています。
    ダメージケアや鎮静化のために、ローションなどを使ってたっぷり保湿することが大切です。自己処理した直後だけでなく、継続して行うとより効果的です。

    ④下着や衣服による摩擦や圧迫を避ける

    かわいいからと小さめの下着をつけていませんか。おしゃれにこだわってタイトな衣類を身につけていませんか。こういったデリケートゾーンを締め付ける下着や衣類を日常的に着用していると、布がこすれて刺激を与え続けることになりますので、色素沈着を促進してしまいます。

    下着は、肌に優しい綿やシルクなどの天然素材でできたものを選び、サイズもゆったりめのものを選ぶことが望ましいです。衣類もあまり締め付けるものは避けるようにします。

    ⑤デリケートゾーン専用のウェットシートを活用する

    デリケートゾーン専用のウェットシートを活用するのもおすすめです。専用シートは、極細繊維で作られてソフトな肌触りになっている、アルコールは使用されていないなど、肌に優しい設計になっています。

    そのままトイレに流せるタイプもあり、使用後の処理に困りませんので便利です。おりものや汗のニオイやべたつきが気になったときは、トイレットペーパーでこすらずに、こういったデリケートゾーン専用のウェットシートでそっとふきとるようにしましょう。

    ⑥正しい食生活を心がける

    黒ずみの解消には、外側からだけでなく、内側からもケアするとより効果的です。それには、食生活を見直しバランスよく栄養をとることが大切です。
    とくに意識して摂りたいのはたんぱく質で、良質なたんぱく質は肌の新陳代謝をスムーズにします。皮膚細胞の働きを正常化するビタミンAやメラニン色素の生成を抑制するビタミンCなども積極的に摂るといいでしょう。亜鉛やビタミンB群もおすすめです。

    ⑦クリニックや皮膚科で治療を受ける

    さまざまなセルフケアを行っても改善が見られない場合は、クリニックで治療を受けることも検討するのがおすすめです。美容外科美容皮膚科などのクリニックや病院で治療を行っています。
    ただし、自由診療ですので費用は高額になる傾向があります。最初のカウンセリングで、治療方法と費用をしっかり確認することが大切です。

    皮膚科で受けられるデリケートゾーンの黒ずみ治療法

    医者の画像

    ①治療薬

    クリニックで行う治療法にはいくつかの種類があります。そのうちの1つが、気になる部位に塗布する塗り薬です。
    主に高い美白作用をもつハイドロキノンが配合された薬が処方されます。ハイドロキノンはメラニン色素の合成を強力に抑制する効果がある、肌の漂白剤ともいわれる成分です。

    効果が高いだけに、医師の指導に従って使用することが大切です。浸透力はあまり高くないため、トレチノインと併用することもあります。トレチノインは皮膚の角質をはがしたり、新陳代謝を活性化させる作用があり、ハイドロキノンの効果を高めます。すぐに白くなることはないので、一定期間は継続して使用を続けることが大切です。

    ②レーザー治療

    医療レーザーを用いた治療では、高い美白効果が見込めます。この治療法は、レーザーを照射してメラニン色素を破壊していくというものです。

    破壊されたメラニンは、新陳代謝に伴って排出されていきます。1度で解消することは難しく、何度か施術を繰り返して少しずつ薄めていきます。ほとんど解消するまでに必要な照射回数は、個人差がありますが、5~10回程度です。

    ③ケミカルピーリング

    ケミカルピーリングは、酸性の薬剤をつけて古い角質を溶かして皮膚の新陳代謝を高めるという方法です。角質の除去と新陳代謝の活性化の両方を行うことで、効果的に黒ずみが解消できます。黒ずみだけでなく、ざらつきやくすみなども改善し、すべすべの肌になります。レーザー治療と同様、1度ですっきり解消することはなく、5~10回程度の施術は必要となります。

    ④手術

    最終的な手段なのが、手術による黒ずみ部分の除去です。
    手術を行うのは、小陰唇が肥大してしまっている場合がほとんどです。
    肥大して常に下着でこすれてしまい、ほかの方法では治療効果が見込めないときに除去手術が行われます。
    手術には高額な費用がかかりますし、傷跡が残ったり見た目が不自然になったりするといったケースも見られます。本当に手術が必要か慎重に考慮し、受ける場合は実績があり信頼できるクリニックをよく判断して選ぶことが大切です。

    デリケートゾーンの黒ずみ解消は皮膚科とセルフケア、どっちいい?

    ①費用を抑えやすいのはセルフケア

    これまで述べてきたように、デリケートゾーンの黒ずみ解消には、セルフケアクリニックでの治療の2つがあります。
    このうち、セルフケアをするもっとも大きなメリットは費用を抑えられるということです。クリニックで治療を受けるときは医師とはいえ他人にデリケートな部位を見せることになりますが、セルフケアならそういった恥ずかしさも感じないですみ、誰にも知られずに1人でこっそり行うことができます。効果の現れ方は比較的緩やかです。

    ②安全・即効性・効果を重視するなら皮膚科

    すぐに解消したい、トラブルなく安全に行いたいというのであれば、クリニックでの治療に軍配が上がります。
    医師が状態を確認して最適な方法で治療を行ってくれますので、高い効果が期待できます。塗り薬には市販のものもありますが、医師が処方するものの方が濃度が高いため効果も出やすいです。

    万が一、肌にトラブルが起こったときはすぐに適切な処置を受けることができ、安全性も高いと言えます。ただし、高額な治療費用がかかることもあります。

    デリケートゾーンの原因・正しい改善方法を知りましょう

    肌は、刺激を受けると肌を守ろうとしてメラニン色素を生成します。通常であれば、肌の新陳代謝が起こって自然と排出されますので、メラニン色素の沈着は起こりません。それが、常に摩擦などの刺激を受け続けていたり、多くの紫外線を受けたり、ホルモンバランスが乱れたりすると、メラニン色素は過剰に生成されることがあります。すると排出しきれずに色素沈着が起こります。

    また、新陳代謝のリズムが崩れたときも排出がすすまずに色素沈着が起こり、黒ずみが発生するのです。
    デリケートゾーンが黒ずんでいる場合、それは下着のこすれやゴシゴシ洗いなどによる刺激、乾燥などが主な原因です。これに加齢やストレス、バランスの悪い食生活などの理由で新陳代謝が衰えると、黒ずみはなかなか解消しなくなってしまいます。

    解消するには、刺激をなるべく避けることに加え、デリケートゾーン専用のアイテムを使ってケアすることが大切です。特に美白クリームは良いものがたくさんでていますので、利用するといいでしょう。また、洗い方に気をつけることや食生活の改善も大切です。それでも良くならなければ、皮膚科などのクリニックで治療を受けることもできますが、自由診療となり費用が高額になりますので、注意が必要です。

人気記事はこちら

ワキガクリームtop 1

どれだけ洗って清潔に保っても、独特の臭いが発生してしまうワキガ。 汗をかくと臭いがひどくなり、さまざまなケアや対策を施してもなかなか改善しないということも少なくありません。 そんなワキガに悩んでいる人 ...

サムネイル画像 2

汗をよくかく夏場の季節に制汗剤は欠かせないアイテムですが、具体的にどの商品がおすすめになってくるのでしょうか? それぞれの好みや体質、予算によっても選択肢は変わってくることになるので、まずはランキング ...

口臭サプリ 3

人と会話をしている時に、口臭がしないか気になった事のある方も多いのではないでしょうか? 口臭はなかなか自覚するのが難しいデリケートな問題なので、日頃から万全にケアをして対策をする必要があります。 そう ...

-デリケートゾーン
-, , , , ,

Copyright© Un smell(アンスメル) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.