デリケートゾーン

【2018最新】デリケートゾーンの臭いを抑えるクリームのおすすめランキング5選!

更新日:

サムネイル画像

日本では、体臭に神経質なほど敏感な傾向があります。
脇や頭皮のニオイでも恥ずかしいのに、デリケートゾーンが臭うとなると、誰かに相談するのもはばかれてしまうほどですよね。それは相手が医師であったとしても同様で、診察で見せなければいけない可能性を考えるとどれほど悩んでいても受診するのもためらわれ、どうにかして自力で解決したいと願う人がほとんどではないでしょうか。

ここでは、デリケートゾーンが臭う理由や対策について説明していきます。人知れず臭いデリケートゾーンにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

なぜデリケートゾーンは臭いやすい?

クエスチョンの画像
デリケートゾーンが臭う大きな理由は雑菌です。雑菌は繁殖する際に特定の物質を排出しますが、これが不快なニオイのもととなります。雑菌は、垢や汗、尿、経血などをエサとして繁殖しますので、デリケートゾーンには繁殖の条件がそろっているのです。

また、人間の汗腺にはエクリン腺アポクリン腺の2つがあります。このうち、エクリン腺から排出される汗はサラリとしていますが、アポクリン腺から出る汗は皮脂やミネラルなど雑菌が好んで分解する成分が含まれています。アポクリン腺がある身体部位は限られていますが、脇やデリケートゾーンに存在し、雑菌が汗を分解したときに独特のニオイを発生させるのです。

さらに、デリケートゾーンはアンダーヘアやショーツで覆われてムレやすく、高温多湿の環境になります。
ニオイを作る雑菌にとっては、デリケートゾーンは非常に好条件がそろっている部位と言えるのです。

デリケートゾーンの臭いの種類

①生臭い腐敗臭

デリケートゾーンが臭うといっても、実はニオイはいくつかの種類に分類されます。そのうちの1つが、生臭いような腐敗臭です。デリケートゾーンからこの種のニオイがする場合は、婦人科系の病気にかかっている可能性が考えられます。

強烈なニオイがするだけでなく、外陰部の強いかゆみや緑や黄色がかった膿、ぽろぽろした白いカッテージチーズのようなおりもが出るなどの症状が見られるなら、病気なのはほぼ確定的といってもいいほどです。これは市販薬などで治すことは難しいため、病院で治療を受けることが必要となります。

恥ずかしいと思いますが、放置していればどんどん進行していきます。産婦人科レディースクリニックなどを早めに受診してください。適切な処置を早く受けるほど、早く治ります。

②酸っぱい臭い

デリケートゾーンのニオイが酸っぱいような場合は、実はあまり心配することはありません。これは、ほとんどの場合はおりもののニオイで、異常がない時は少し酸っぱいニオイがするのが普通なのです。

おりものは子宮や膣などから分泌する物質で、細菌が膣に侵入しないように守ったり、排卵期には受精のサポートをしたりする働きがあります。そして、膣への細菌の侵入や繁殖を防ぐためにおりものには乳酸が含まれていて、これが酸っぱいニオイの正体です。

つまり、少し酸っぱいニオイがするのは、むしろ膣内の状態が正常ということで、健康な証といえるのです。そのままでも構いませんが、どうしてもニオイが気になるというときは、入浴時に優しく洗い流すようにします。

③ワキガのような臭い

ワキガのようなニオイがするときは、スソワキガの可能性が高いです。脇と同様、デリケートゾーンにはアポクリン腺が存在することは既に述べた通りです。

アポクリン腺から出る汗を雑菌が分解するときに、独特の臭いニオイが発生します。その部位が脇の場合はワキガとよばれ、デリケートゾーンの場合はスソワキガとなります。この2つを併発するケースも多いです。

デリケートゾーンの臭いの原因

①雑菌の繁殖

デリケートゾーンのニオイを作る大きな原因は、雑菌の繁殖であることは、先述したとおりです。といっても、雑菌が繁殖するのは必ずしも不潔にしているからというわけではありません。

デリケートゾーンはふだんはショーツに覆われ、アンダーヘアも密集していて蒸れてすぐに高温多湿になります。汗をかくことの多い部位で、月経中は経血がアンダーヘアに絡みついたりすることも。また、おりものがショーツに付着することもあります。

高温多湿に加えてエサとなるものもそろっているため、毎日の入浴で洗っているつもりでも、雑菌が簡単に繁殖してしまうのです。高温多湿の環境を変えることは難しいため、雑菌のエサとなるものを減らすことが重要になります。

②女性ホルモンの影響

女性ホルモンの影響も、ニオイを発生させる原因の1つです。
とくに月経前は女性ホルモンのバランスが大きく変わります。女性ホルモンのうちエストロゲンは皮脂をおさえる作用がありますが、その分泌量は生理の直前にがくんと減りますので、皮脂がたくさん分泌されるようになります。すると、デリケートゾーンの皮脂腺が塞がれたような状態となって、そこで皮脂の酸化がおき、臭いニオイが発生することがあるのです。

また、生理前などはおりものが酸性にかたむいて、酸っぱいようなニオイが強まることもあります。
月経前だけでなく、加齢やストレスなどでもホルモンバランスが崩れることがありますが、このときも臭うようになります。
そのため、ホルモンバランスを整えることが大切です。

③食事

食べた物は身体に影響を与えます。体臭がきつくなるようなニラやニンニク、お肉といった食材ばかり食べる生活を続けていると、体臭も臭くなってしまうものです。
デリケートゾーンも例外ではなく、食生活の偏りで臭うようになることがあります。野菜や海藻類もとり、栄養バランスの取れた食生活を送ることが大切です。

④すそわきが

ワキガで悩んでいる人は、スソワキガを併発することがよくあります。
生まれつきワキガ体質の人は、脇にもデリケートゾーンにもアポクリン腺がたくさんあることが多いためです。

このアポクリン腺から出る汗を雑菌が分解することで独特の不快臭が発生しますので、こまめにデリケートゾーンの汗をふきとるほか、ワキガ用クリームを使用して殺菌するなどの対処が必要となります。病院で治療を行っていることもあります。

デリケートゾーンの臭い対策

①おりものシートを使う

ニオイ対策の1つとして有効なのが、おりものシートの利用です。
下着におりものが付着すると、そこに雑菌が繁殖して臭くなることがありますし、体調によっておりものそのものが強く臭うこともあります。

しかし、日常生活で頻繁に下着を取り換えることは、あまり現実的ではありません。おりものシートを使って、汚れたらシートのみ取り換えるようにすれば、いつも清潔な状態を保つことができます。
消臭効果のあるものなど、おりものシートにはさまざまな種類が販売されています。気に入った機能があるもの、肌触りのよいものなどを選びましょう。

②おりものシートやナプキンはこまめに交換する

おりものシートや生理時のナプキンなどは、できるだけこまめに交換するようにしましょう。おりものや経血がついたままでは、蒸れやすいこともあり雑菌が繁殖しやすいのです。
すると不快なニオイにつながりますので、タイミングをみて交換することが大切です。

③アンダーヘアの処理をする

アンダーヘアのお手入れをせず、もじゃもじゃしている状態では、蒸れやすいほかに、経血や排せつ物がからみついて取りにくいといった問題が起こります。これらはすべてニオイの原因となります。清潔に保ち、蒸れを防いで雑菌の繁殖を抑えるために、アンダーヘアの処理は欠かせません。

脱毛サロンや美容クリニックでは、VIOと呼ばれるデリケートゾーンの脱毛も行っています。つるつるの無毛状態にするのではなく、ある程度量を減らしたいといったオーダーも可能ですので、あまりたくさん濃く太い毛が生えていて処理が大変という人は、脱毛してしまうのがおすすめです。

まとめ
【保存版】デリケートゾーン脱毛の基本情報や施術の流れまで詳しく解説!

ワキや腕、脚といった部位はしっかり無駄毛処理できているけれど、Vライン・Oライン・Iラインといったデリケートゾーンはどうでしょう。 他の部分と異なり自己処理がしにくい、またトラブルが起こるのでは・・と ...

④通気性のよい下着を身につける

雑菌をおさえるためには、蒸れによる湿気は大敵です。
少しでも蒸れにくくするために、ショーツはなるべく通気性が良いものを選ぶようにしましょう。シルクやコットン素材のものがおすすめです。

また、きついデニムなど締めつけるボトムを履かないようにすることも大切です。通気性の良い下着をつけていても、ボトムで締めつけると、結局蒸れやすくなってしまいます。

⑤健康に気を付ける

健康な体はホルモンバランスも整い、免疫が正常に機能しています。そのため、ホルモンバランスの乱れや雑菌の繁殖をおさえ、ニオイの少ない体になります。婦人科系の病気のなかにも、免疫力が低下しなければかからないものがあります。

健やかな身体となるためには、睡眠を十分とり、規則正しい生活して、適度な運動もとりいれることが効果的です。また、栄養バランスのとれた食事も大切です。ニオイをおさえる目的だけでなく、気持ちよく毎日を過ごすためにも、健康に気をつけた生活を送ることをおすすめします。

⑥デリケートゾーンのニオイケア用アイテムを活用する

デリケートゾーンのニオイが気になる人のために、さまざまなケア用品が販売されていますので、活用するのも良いでしょう。主なケアアイテムに、ボディソープやクリームなどがあります。

併用するとより効果が高まりますが、どちらかにするならクリームがおすすめです。肌に密着するテクスチャで、殺菌や消臭の効果が比較的持続するためです。
また、外出先でニオイが気になったときなども、トイレに入って塗りなおせば再び効果が期待できます。殺菌と制汗のほか、保湿効果があるなど肌に優しいものを選びましょう。

デリケートゾーンの臭いケアクリームを選ぶ時のポイント

①医薬部外品指定を受けている

医薬部外品に指定されているということは厚生労働省が効果を認めていることを意味しており、部外品なので医薬品よりも効果は強くありませんが、それだけ刺激も軽く副作用も少ないと考えて良いでしょう。

また、有効成分の効果が認められていますから、デリケートゾーンのニオイが気になる方は医薬部外品の商品を利用してみると良いでしょう。

②無添加・植物由来成分の商品

敏感な部分に使用する商品ですので無添加植物由来成分の商品であることが大前提です。
肌に刺激を与える商品は肌荒れを引き起こしたり、アレルギーの発生の元になったりすることもありますから低刺激でないといけません。
安全に使いたい、肌の状態を良くしたいと考えている場合は無添加と植物由来成分が含まれているかを確認してください。

③べたつかず、すぐに馴染むクリーム

長く使っていくものになりますから使用感が良いかどうかは重要です。
特にデリケートゾーンは蒸れやすいので、べたつかずに、すぐに馴染むものが最適と言えます。
べたつくと蒸れがひどくなり、下着も汚してしまう可能性があり、さらにニオイが強くなる可能性がありますから速乾性のものを探してください。

デリケートゾーンにおすすめの臭いケアクリーム5選

クリアネオ

クリアネオの画像
メーカー ソーシャルテック
価格/内容量 4,980円/30ml
消臭力 ★★★★★

殺菌成分のイソプロピルメチルフェノール、制汗成分のパラフェノールスルホン酸亜鉛を配合しており、気になるニオイの元にアプローチします。

さらに爽やかさを保つ柿渋エキスも配合していますので、老廃物の蓄積による嫌なニオイにも対処しており、内側と外側でシャットダウンします。

その他にも天然植物由来エキスを7種配合しており、優しい天然成分なので安心してデリケートゾーンに使えるのです。

クリアネオを今まではわきのみに使っていたのですが、どうやら下の方からもワキガ臭がしているようなんです。ネットでしらべて「すそわきが」というのを始めて知りました。全身への使用も可と書いてあったので、気になる部分に早速塗ってみました。最初はデリケートな部分なので塗るのを躊躇しましたが、今では毎日塗っていい感じです。自分で気づかないうちにひどいにおいを振りまいていたんだなと思うとゾッとしましたが、クリアネオに出会えて本当によかったです。

出典:公式サイト

 

アクアデオ

アクアデオの画像
メーカー トータルビューティー美彩
価格/内容量 5,980円(ラクトク便)/30g
消臭力 ★★★★☆

独自のウォーターインオイルでべたつきを抑えて、肌への密着性を高めて、菌を殺し過ぎない抗菌作用でベストな肌の状態へと導きます。

無香料なのでニオイが混ざらず、有効成分で汗を抑えて、デリケートな部分に優しい8つの天然成分も配合されています。

第三者機関での殺菌効力実証済みで安心感が強く、低刺激であり、どの成分も意味があるものになっていまして、使いやすい商品です。

使い始めて3日。
臭いが薄くなったような気がします。

完全に臭いがなくなるのではないかと期待です!

出典:楽天市場

 

デオシーク デオドラントクリーム

デオシーク デオドラントクリームの画像
メーカー キーリー
価格 5,980円
消臭力 ★★★★☆

有効成分と植物由来成分で制汗と雑菌の徹底殺菌をしてくれるので気になるニオイをカットすることができます。

茶カテキンの約25倍の抑臭効果のあるパンシルも含まれており、無香料となっています。

乾燥から来るニオイにも着目しており、天然植物エキスで保湿もしてくれますからデオドランドだけではなくスキンケアも実現してくれるでしょう。

もちろん低刺激でデリケートゾーンへの使用も可能です。

トイレで下着をおろした瞬間、アソコの臭いが一気にトイレ内に充満しちゃう気がするので勤務先や外出先などでトイレに行く際はとても気まずい思いをしていました。
トイレに入る度にドラッグストアで「No1人気」とか「今いちばん売れてます」といったおすすめのデオドラントクリームを塗るようにしていたのですけど臭いが軽減されてるような実感はほとんどなかったです。はっきり言ってお手上げ状態だったのですけどどうしてもアソコの臭いを抑えたくてあれこれと調べていた時に見つけたのがこのデオシークでした。徹底して臭いを抑えたかったのでクリームとボディソープのセットを購入し、塗った初日からアソコの臭いが今までと雲泥の差だってはっきりわかりました!トイレで下着を脱いだ時もあの強烈だった臭いが全然気にならなくなったし重宝してます!生活の一部としてずっと使い続けていきます。

出典:公式サイト

 

プリンセスアンダー

プリンセスアンダーの画像
メーカー ラディア
価格/内容量 980円(トクトク定期便初回)/30g
消臭力 ★★★★☆

さまざまな効果が期待できる厳選した10の成分が配合されていて、制汗や防臭や除菌だけではなく、肌の水分量もコントロールして保湿もしてくれます。

デリケートゾーンのアンダーヘアーも整えてくれ、保湿エキスで固い毛をしなやかなにしてくれるのです。

一般化粧品に配合されている倍の量の高級ダマスクローズが含まれていますから自信を持つことができ、良い気分にさせてくれるでしょう。

年齢のせいか、年々デリケートゾーンの臭いがきつくなってきたので使ってみました。彼氏が欲しくて友達とよく合コンに行くのですが、においが気になって露出の高い服はもちろん避け、自信が持てなくて消極的になってしまってました。プリンセスアンダーを使ってからはにおいが気にならなくなったのでワンピースやミニスカートも着れる様になってめちゃめちゃ嬉くて、なんだか自信が湧いてきます!!今では人が密集する場所でも余裕です!!においを気にしなくなってから、毎日が本当に楽しいです♪

出典:公式サイト

 

インクリア

インクリアの画像
メーカー ユニ・チャーム
価格/内容量 2,850円/10本入り
商品特徴 産婦人科と共同開発

インクリアは、膣専用のジェルタイプの洗浄器です。

膣のなかを石けんなどで洗ってしまうと、必要な善玉菌まで洗い流してしまい、本来もっている自浄作用まで損なって雑菌を繁殖させてしまう恐れがあります。

しかし、インクリアは産婦人科と共同開発した洗浄器ですので、そのあたりの心配はありません。

乳酸やヒアルロン酸ナトリウムを配合し、膣内の環境を整えて弱酸性を保持します。

使い方は簡単で、タンポンのような外観のインクリアを膣に挿入し、ピストンをゆっくり押して洗浄ジェルを膣内に届かせるだけです。

あとはゆっくり引き抜きましょう。

その後にジェルを洗い流す必要はありません。時間が経てばゆっくり排出されてきます。

このときに下着につく可能性がありますので、インクリア使用後はおりものシートやナプキンなどを当てておくと良いでしょう。

コンパクトなサイズですので、携帯性にも優れ、旅行などに持っていっても邪魔になりません。

生理前後の臭いが気になっていたのですが、これを使用してから気にならなくなりました!
少し高いですが、かなりオススメです。何度も購入しています。

出典:@cosme

 

自力で様々な対策を行っても改善しない場合は婦人科系の病気かも?

デリケートゾーンからきついニオイがする原因として、婦人科系の病気を患っている可能性も考えられます。
このケースでは、ニオイだけではなく、外陰部のかゆみや異常なおりものがたくさん出るなど、なんらかの症状が別に起きていることがあります。
次に代表的な病気を説明していきますので、もしも当てはまる症状があるようでしたら、婦人科などを受診することをおすすめします。

まとめ
【女性必見】デリケートゾーン(外陰部)の臭いの病気や身体の不調とは?

臭いが気になる部位のトップクラスにデリケートゾーンが挙げられます。 デリケートゾーンは排泄や生理時に汚れやすく、それらの汚れがアンダーヘアに付着することで雑菌も繁殖しやすい部位でもあります。 そのため ...

続きを見る

デリケートゾーンの正しい洗い方

サムネイル画像
デリケートゾーンのニオイが発生しないようにするためには、雑菌の繁殖をおさえ、清潔に保つことが大切です。
誰でも入浴したら、石けんやボディソープを使ってデリケートゾーンを洗っているでしょう。
しかし、構造的に複雑な部位ということもあり、洗っているつもりでも、実は尿や経血、皮脂汚れなどがこびりついてきれいに落ちていないことが意外とあります。反対に、汚れをしっかり落とそうとしてごしごし力任せにこすることも、皮膚を傷つけてしまうため良くありません。
デリケートな部位だけに、正しい洗い方で優しく洗うことがなにより重要です。
洗い方のポイントは次の通りです。

step
1
石けんやボディソープはなるべく使わず、できるだけシャワーのお湯のみで洗う

ニオイが気になるときだけ、デリケートゾーン専用の石けんを使うと良いです。

step
2
外陰部を前から後ろに向かって指の腹で優しく洗う。

汚れが溜まる部位ですので、特に丁寧に洗うようにするのが大切です。肛門は、雑菌がほかに付着するのを防ぐためにも最後に洗います。

step
3
最後はシャワーでしっかり流す。

特に石けんを使って洗った場合は、すすぎ残しがないように注意が必要です。

デリケートゾーンを洗う際の注意点

①指の腹でやさしく洗う

デリケートで傷つきやすい部位ですので、洗う際も優しく力を入れすぎないようにすることが大切です。
石けんを使う場合はデリケートゾーン専用のものとし、よくよく泡立て使います。爪を立てず、指の腹を使って洗うのがコツです。

②膣内はシャワーのみで洗う

膣の中は常に弱酸性を保っています。これは、細菌や病原菌が酸性の環境を厭うためです。
そこをアルカリ性である石けんで膣の中まで洗ってしまうと、なかの酸性状態が乱れて病原菌の侵入を許してしまうことになります。

その結果病気を招くことがありますので、基本的にはシャワーのお湯のみで洗うことが推奨されます。どうしても洗いたい場合は専用の石けんを使いましょう。肌への刺激を考え、あまり熱いお湯は避けてぬるま湯を使うようにするのがベターです。

③洗い過ぎない

ニオイを気にしている人にありがちなのが、必要以上に何度も洗ってしまうことです。
しかし、これはデリケートゾーンに存在する善玉菌も除去してしまうことになり、逆効果となる可能性も。

善玉菌とは、体に良い影響を与える作用のある菌のことで、ニオイの原因菌の繁殖を防ぐ役割を果たしていることがあります。善玉菌がいなくなることで、ニオイの原因菌が繁殖してニオイが強くなる恐れがあるのです。

デリケートゾーンが臭い原因と対策のまとめ

デリケートゾーンが臭うというのは、女性にとってとても深刻な悩みです。生理前や生理中などはとくに臭っていないか心配になるものの、周囲の人に簡単に聞けるような内容でもないため、悩んでいるという女性も多いのではないでしょうか。

デリケートゾーンが臭ってしまう原因は、雑菌の繁殖、すそわきが、婦人科系の病気などです。このうち、雑菌の繁殖は自力の対策で抑えることが可能です。また、すそわきがの主な原因は雑菌ですので、雑菌の繁殖をおさえればすそわきが臭の抑制にもある程度の期待ができます。残念ながら、婦人科系の病気は自力での対応は難しいため、婦人科を受診するようにしましょう。

雑菌の繁殖を抑える対策として有効なのが、デリケートゾーンの洗い過ぎに注意してしっかり汚れを落とすこと、通気性の良い下着をつけることなどです。おりものシートや拭き取りシート、膣洗浄器など、ニオイ対策のケアアイテムを使うのもよい方法です。
ストレスは適度に発散しながら、生活習慣を整え、健康な身体を作ることも大切です。できる対策をしっかり行って、ニオイの悩みから解放されましょう。

人気記事はこちら

ワキガクリームtop 1

どれだけ洗って清潔に保っても、独特の臭いが発生してしまうワキガ。 汗をかくと臭いがひどくなり、さまざまなケアや対策を施してもなかなか改善しないということも少なくありません。 そんなワキガに悩んでいる人 ...

サムネイル画像 2

汗をよくかく夏場の季節に制汗剤は欠かせないアイテムですが、具体的にどの商品がおすすめになってくるのでしょうか? それぞれの好みや体質、予算によっても選択肢は変わってくることになるので、まずはランキング ...

口臭サプリ 3

人と会話をしている時に、口臭がしないか気になった事のある方も多いのではないでしょうか? 口臭はなかなか自覚するのが難しいデリケートな問題なので、日頃から万全にケアをして対策をする必要があります。 そう ...

-デリケートゾーン
-, , , , ,

Copyright© Un smell(アンスメル) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.