デリケートゾーン

【必見】すそわきがの手術と治療方法まとめ!メリット・デメリットも!

更新日:

サムネイル画像

すそわきがの嫌なニオイ対策として、病院やクリニックでの「手術」や「治療」を受けるという方法があります。
手術の場合にはニオイの原因に直接刺激を与えるため高い効果が得られますが、メスでの切開が必要になり、少なからずそれに伴うリスクが発生します。

一方、治療の場合は危険を少なくとどめながらすそわきがのニオイを抑えることができます。いずれにしても30万円以上の高額な費用が必要になり、さらに再発の危険性がないとは言い切れないことを理解しておかなければなりません。

すそわきがとは?


脇から独特の強いニオイがする症状を「わきが」と言います。医学的には「腋臭症」と呼ばれている症状です。
一般的な汗臭さとは全く違う大変強いニオイで、タマネギやネギのような鼻をつくツンとするニオイであったり、タバコや香辛料、鉛筆の芯のようなニオイに感じることもあります。
このわきがのニオイがデリケートゾーンから臭う場合があり、それがすそわきがと呼ばれる症状です。男性よりも女性に多い症状と言われており、多くの女性がすそわきがの悩みを抱えています。

すそわきがとはどうして臭うのか?


人の身体には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」という2つの汗腺があります。このうちのアポクリン汗腺から出る汗がわきがの原因とされています。
アポクリン汗腺から出た汗に含まれる脂肪や尿素、アンモニアなどの成分が皮脂腺から分泌される脂肪酸と混ざり合って、さらに皮膚にある常在菌によって分解されることで強いニオイが発生します。

アポクリン汗腺は、脇以外に耳の中・乳輪周囲・性器・肛門にあり、わきがと同じようなニオイが発生します。陰部(デリケートゾーン)からのニオイは「外陰部臭症」といって、これを通称「すそわきが」と呼びます。

すそわきがの手術

医者の画像

①皮下組織削除法

皮膚を切開し、汗腺を除去する方法が「皮下組織削除法」です。数センチ程度の切開を施し、皮膚を裏返して目で見て汗腺や皮脂腺を取り除いていきます。毛根を除去するので同時に脱毛もできますが、2時間程度の時間を要します。

当日は安静が必要ですが入院の必要はありません。術後2日から4日ほどガーゼで圧迫固定した後、ガーゼを外します。2週間ほどで抜糸を行い、抜糸後は入浴することが可能です。
しかし、経過チェックなどのために術後3ヶ月から6ヶ月の間に3回程度の通院が必要です。切開・縫合を行うので、傷跡が目立たなくなるまでには時間がかかり、また皮膚のつっぱり感も術後6ヶ月ほど感じると言われています。

麻酔を使うため手術中は痛みを感じません。汗腺を完全に取り除くので再発の可能性は少ないとされていますが、技術的に難しく、30万円〜40万円の費用がかかります。

②超音波吸引法

陰毛のある範囲の左右の皮膚に、5ミリほどの切れ目を入れて超音波メスを挿入し、超音波の非常に細かい振動によって汗腺を破壊していく方法です。
血管や神経を避けて汗腺のみを吸引することができ、施術時間は2時間ほどです。

皮膚組織除去法と同じく、麻酔を行うので術中は痛みを感じません。傷跡は術後1ヶ月くらいは皮膚がでこぼこしますが徐々に目立たなくなり、半年ほどでにきび跡くらいになります。しばらくは皮膚が硬くつっぱる感じが続きますが、2ヶ月くらい経過するとだんだんとおさまってきます。

また、抜糸を行うまでは入浴はできません。汗腺を取り残してしまうことがあり、その場合は再発の可能性があります。

費用は35万前後となっており、リスクと再発の可能性を合わせて考える必要があります。また、超音波の振動による摩擦熱が身体に影響を及ぼす可能性もあるので、詳しい説明を受けてから手術に臨みましょう。

すそわきが手術におすすめのクリニック

ガーデンクリニック

ガーデンクリニックの画像
住所 〒171-0022東京都豊島区南池袋2-26-6島倉ビル 3・4F
アクセス 山手線 池袋下車 徒歩5分 西武池袋線 池袋下車 徒歩5分 埼京線 池袋下車 徒歩5分
時間 9:00~22:00
費用 約30万円

ガーデンクリニックはすそわきがにお悩みの方に非常に人気のクリニックです。

すそわきがという悩みは特にデリケートな部分であるため、ガーデンクリニックでは女性医師が真摯に対応してくれます。

ニオイの元となるアポクリン汗腺、汗の元となるエクリン汗腺を効率的に破壊し、すそわきがを根本から解決してくれます。

約30分で終わる治療を1〜2回のみ行い、ニオイの根本までアプローチすることから再発しにくいことが魅力の一つです。


 

川崎中央クリニック

川崎中央クリニックの画像
住所 〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町10-5 クリエ川崎 5階
アクセス 川崎駅東口・京急川崎駅中央口 徒歩1分
時間 9:30~22:00(完全予約制)
費用 約35万円

川崎中央クリニックは圧倒的な症例数の多さから、1回の治療効果を最大限に高める技術を持っています。

すそわきがの治療方法には陰部からの発汗を抑える「注射による治療」、超音波エコー画像から汗腺を確認しながらピンポイントに絞って治療ができることで効果が高い「ウルセラドライ」、PR波と超音波でニオイや汗の発生するアポクリン腺・エクリン腺を効果的に破壊できる「ペアドライ」など多くの種類があります。

一度の治療で高い効果を発揮する方法や切開せずにキレイに仕上げることが実現できる高度な技術を持っています。

メディアにも紹介された実績があるほど信頼性のあるクリニックです。

 

すそわきが治療で保険は適用されるの?

女性の画像
すそわきがの治療を考える際に、気になってくるのがその費用です。どのような治療であっても病院にかかれば治療代が必要になりますが、健康保険内の治療であれば負担は少なくて済みます。
しかし、自費でしか行えない治療の場合は、その負担額は非常に高額になってきます。すそわきがの治療には、健康保険が適用されるものはありません。

したがって、どの治療法を選ぶにしても一度の手術で30万円から40万円と高額になります。再発の可能性などを考えると躊躇する金額ではありますが、デリケートゾーンの悩みは誰にとっても深刻なものです。カウンセリングを受け、自分に一番いい方法を考えましょう。

すそわきがの手術のメリット


手術を受けるメリットとしては、注射やその他の治療法よりも確実な改善が望めるというところにあります。
ニオイが発生する原因である汗腺そのものを焼いたり、取り除く方法なので、劇的な改善が見込まれる場合もあり、なにより再発の可能性も少ないとされています。

一定の経過観察の期間を終えて特に問題が無ければ、長い間医院に通い続ける必要もありません。長い期間にわたって継続的に通院することができない人や、重度の症状に悩む人に有効な方法であると言えます。

すそわきがの手術のデメリット

①日常生活に支障をきたす

一方でデメリットもあり、そのひとつとして術後の生活に支障が出ることがあげられます。
術後は患部にガーゼを縫い込んで圧迫を続けるタイオーバーという期間が必要になります。この期間は数日間続き、その間はシャワーを浴びることができません。

さらにタイオーバー後も抜糸をするまでは入浴ができず、かなりのストレスになります。職場を休めなかったり、恋人がいる場合には周囲の人間に知られてしまう可能性があり、施術に対するハードルとなっています。

②アポクリン汗腺をすべて取り切れない場合もある

デリケートゾーンのアポクリン汗腺は確認しにくく、施術には高い技術を要するとされています。
汗腺自体を取り除くことが目的ですが、確実に汗腺をすべて取り切れるとは断言できません。術中に他の部分を傷つけてしまったり、汗腺を取り残してしまうとすそわきがの症状が再発してしまうケースもあります。

③皮膚がダメージを受ける

すそわきがの場合はデリケートゾーンにメスを入れることになります。
傷跡が大きく残ってしまうこともあり、周囲の組織に影響を与えないとも限りません。超音波吸引法では腫れや水ぶくれが起きたという事例も報告されています。

また、一時的にアンダーヘアが抜けたりそのまま生えてこなくなる可能性もあり、注意が必要です。

手術しないすそわきが治療

①ボトックス注射

筋肉の活動を和らげる効果を持つボトックスですが、汗の発生を促すアセチルコリンの放出を抑える働きも持っています。
このボトックスを注射することによってすそわきがのニオイが改善することを狙った治療法です。永久的な効果はなく、およそ6ヶ月ほどで元の状態に戻ります。

手術をするのは躊躇いがあるが、夏場など特に汗を多くかく季節にはすそわきがの症状が気になる、という人に向いています。施術前には注入量を相談するカウンセリングが不可欠です。緊張性多汗症の悩みを抱える人は、一度の注射で不安要素が取り除かれることによって、半永久的な効果も期待できます。

②ビューホット治療

ニオイが強く、汗の量も多い人におすすめです。細い針から出る高周波によって、汗のもととなるエクリン汗腺の働きを抑制し、汗の放出を抑える効果があります。

また、ニオイのもとであるアポクリン汗腺に熱を加えて凝縮させ、気になるニオイを抑えることができます。マーキングした部分に冷却ジェルを塗布し、約30分ビューホットを照射します。肌への負担は少なく、固定圧迫をせずに当日からシャワーを浴びることができます。

麻酔を使うため照射中の痛みは感じません。1、2度の治療でほとんどの場合再発しないとされています。照射直後はぽつぽつとした赤い痕が残りますが、約1ヶ月ほどで気にならなくなります。

③電気凝固法

陰毛の毛穴ひとつひとつに針を刺して電流を流し、アポクリン汗腺を焼き切ってしまうという治療法です。
局所麻酔を施し、すそわきがのニオイのもとであるアポクリン汗腺と皮脂腺を電気凝固機器と絶縁針を使用して破壊します。

約3ヶ月の間隔を開けて数回の治療を行うと、ほとんどの場合十分な効果が得られます。

治療は約20分から30分で完了します。汗の減少やニオイを抑えるだけでなく、黄ばみに悩む人にも効果的です。

わきがよりもすそわきがに特に効果が高いと言われています。また、術後の日常生活に影響がおよぶこともありません。

④専用のクリームを使う

リケートゾーンの臭い対策をするためには専用のクリームを使うことおすすめです。

専用のクリームは市販のクリームと違い、体臭よりもきつい臭いを放つワキガに対しても効果を期待できます。

すそわきが専用のクリームには、汗と菌に重点をおいて、制汗・殺菌作用に優れた効果を発揮する優れた成分が配合されています。

まとめ
サムネイル画像
【2018最新】デリケートゾーンの臭いを抑えるクリームのおすすめランキング5選!

日本では、体臭に神経質なほど敏感な傾向があります。 脇や頭皮のニオイでも恥ずかしいのに、デリケートゾーンが臭うとなると、誰かに相談するのもはばかれてしまうほどですよね。それは相手が医師であったとしても ...

続きを見る

⑤VIOライン永久脱毛

毛量が多く、デリケートゾーンがムレやすい人は永久脱毛を検討してみましょう。
ニオイ自体に対する治療ではありませんが、毛量を減らすことでムレやかゆみが抑えられ、結果的にすそがわきがの症状を抑えることに繋がります。デリケートゾーンを清潔に保つお手入れの意味合いもあります。

完全に脱毛が完了するまでの通院頻度には脱毛の方法によって差が出てきます。脱毛する範囲などもカウンセリングする必要があり、開始する時期は前もって考えておきましょう。例えば、夏場までに間に合わせたい場合は数ヶ月前から治療を開始します。

まとめ
【保存版】デリケートゾーン脱毛の基本情報や施術の流れまで詳しく解説!

ワキや腕、脚といった部位はしっかり無駄毛処理できているけれど、Vライン・Oライン・Iラインといったデリケートゾーンはどうでしょう。 他の部分と異なり自己処理がしにくい、またトラブルが起こるのでは・・と ...

続きを見る

すそわきが改善のために考えるべきこと

すそわきがの強いニオイで悩んでいる女性は少なくありません。

ニオイを抑える方法は様々ですが、焦って決めると失敗のもとになります。色々な治療法を調べて自分にあった方法を選ぶことが重要です。特にデリケートゾーンにメスを入れるかどうかはよくよく考える必要があります。普段食べているものを見直すなどのセルフケアですそわきがの嫌なニオイを軽減できることもあります。

時間をかけていろんな角度からメリット・デメリットを比べ、納得のいく方法を探しましょう。

人気記事はこちら

ワキガクリームtop 1

どれだけ洗って清潔に保っても、独特の臭いが発生してしまうワキガ。 汗をかくと臭いがひどくなり、さまざまなケアや対策を施してもなかなか改善しないということも少なくありません。 そんなワキガに悩んでいる人 ...

サムネイル画像 2

汗をよくかく夏場の季節に制汗剤は欠かせないアイテムですが、具体的にどの商品がおすすめになってくるのでしょうか? それぞれの好みや体質、予算によっても選択肢は変わってくることになるので、まずはランキング ...

口臭サプリ 3

人と会話をしている時に、口臭がしないか気になった事のある方も多いのではないでしょうか? 口臭はなかなか自覚するのが難しいデリケートな問題なので、日頃から万全にケアをして対策をする必要があります。 そう ...

-デリケートゾーン
-, , , , ,

Copyright© Un smell(アンスメル) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.